闌春

画像
今日、今年初めてツバメの姿を見ました。
来ていたのに気が付かなかったのかも
知れませんが、桜の開花同様、
例年より少し遅かったように思います。

「花筏(はないかだ)」、桜の花びらが
川面を集まって流れて行く様を、
昔の人はそう呼びました。

落語に「花筏」という噺があります。
なんとお相撲さんの四股名なんですね。
風流なというか、あまり強そうでない
名前ですが、大関です。

お能には「桜川」という曲があります。
母親が生き別れの子供のことを思いながら
流れる花びらを網で掬うという、
美しくて哀しい場面があります。
(最後は再会できて、めでたしめでたしです。)

少しずつ春が過ぎていきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック