生活工藝二人展

画像
「四条京町家」での
展示会が近づいてきました。
5月4日と5日の二日間限定です。

「四条京町家」というのは、本名を
「京都市伝統産業振興館」といいまして、
四条通に面した古い町家を、
使われていた当時のままに保存公開
している建物です。
京都市が管理しています。

全体はいわゆる「うなぎの寝床」で、
「走り庭」と呼ばれる土間が表から
裏へ抜けていて、そこに炊事の
スペースがあります。「走り庭」に
沿って部屋が四つ続いており、
奥の庭を挟んで蔵が建っているという、
典型的な造りです。

そして建物を見せるだけではなくて、
室内を会場に、伝統工芸の
展示にも使われています。

パートナーは木漆工芸家の
佃真吾さんです。昨年から一緒に
させていただくようになりました。
まだお若いのですが、しっかりした
お仕事をされます。

二人とも、普段の生活や身の周りで、
置いたり使ったりして頂きたい物を
作っていますので、もってこいの
空間というわけです。

場所は四条通の西洞院(にしのとういん)を
東へ入ったところです。京都市営地下鉄
烏丸線の「四条」駅、阪急電鉄京都線の
「烏丸」駅から徒歩8分。市バス「四条西洞院」
バス停(東行き)の、まー前です。

明日の窯焚きに向け、昨日釉掛けした
素焼きの素地の仕上げをしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック