和(なごみ) 二人展

画像
寒冷前線が通過
したとかで、
昨夜は冷たい雨が
降りました。
通過後は
西高東低の
気圧配置。
冬空の下、
知り合いの展覧会を
拝見に、哲学の道へ
行ってきました。

哲学の道と平行して
流れる疎水(そすい)
には、小さな橋が
いくつも掛かっています。
その中のひとつ、霊鑑寺さんへ
続く道に掛かる橋のたもとの、
「ギャラリー 花いろ」が会場です。

彩色師の「観寿」さんこと、以前にご紹介した
「久保夫美子」さんと、「民徳 嘉奈子」さんのお二人。
観寿さんは焼物の絵付けをされる前から仏画を
描いておられたそうで、軸や短冊に達者な筆使いを
見せておられました。民徳さんは京都のご出身で、
現在は沖縄にお住まいです。琉球漆の技法で
色々な器やアクセサリーを作っていらっしゃいます。

私は短冊の大黒様を頒けていただきました。
小品ながら筆致がまことにすばらしいです。
金運上昇の願いも込めて(?)、仕事場に
飾らせていただきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック