桂吉朝を送る会

画像

11月8日に亡くなられた、桂吉朝師を送る会に
列席させて頂きました。

どうも気持ちにまとまりが付きませんので、
例によって事実のみ記させていただきます。

上の写真は、香典返しとして頂戴しました
CDのジャケットです。最後の高座となった
10月27日「米朝 吉朝の会」での
『弱法師』が収録されています。

行く前に、四条河原町の「都そば」という
立ち喰いそば屋さんで、腹ごしらえに
きつねうどんを食べました。
おつゆを飲み干そうと、底に溜まった七味を
お鉢ごと揺すっていたら、『かぜうどん』で見た
吉朝さんの仕種を思い出して、
涙と一緒に鼻水が出ました。

会場の「アルカイックホール・オクト」は
804席。立ち見の出る大入り満員、
ロビーにまでお人が溢れ、扉は閉められ
ませんでした。落語家の皆さんも、
米朝一門はもちろんのこと、
大御所からテレビの人気者から、
会場係の人に「関係者ですか?」と
訊かれてしまう方まで、大勢参列
されていました。

最初はスライド写真とお弟子さんの
ナレーションで綴る「吉朝一代記」。
昨今、パソコンと映写機が手を結ぶ
ようになったと見えまして、音も無く
映像が変わります。「カシャッ カシャッ」
などとは云いません。上下逆様に
なるようなミステークもありません。

続いて「平成紅梅亭」での口演
『河豚鍋(ふぐなべ)』の録画を、
これもDVDから映写。
会場のお客さんも、収録時の
お客さんと同じタイミングで大笑い。
サゲで大拍手。
途中、笑っておられなかった
(ように見えた)落語家さん達も
大拍手。

次に「送る言葉」という名の弔辞。
一番手は桂米朝師の総領弟子、
桂ざこば師。話し始める前から、
悲憤慷慨、耳までまっかっか。
「ちゃあちゃん(米朝師匠の愛称)、
来るはずやったけど目まいして
休んでるんやて。あんたのせい
ちゃうんか?!ちゃあちゃん、
吉朝が死んだて、まだ認めたがら
へんねん。どないすんねんホンマに。
こんなことではアカンやないか…。」
数百人が一斉に鼻水をすすりだす。
その音は天にひびいておびただしい。
振り返って客席を見てから、
「ファンの人もようけ来てくれはって、
結構なこっちゃないか。」
「ほんで、兄ちゃんに会えたんかい、
枝雀兄ちゃんに。」また鼻すする音。
「まだ会えてへんやろ、方向音痴やし。」
場内泣き笑いの声。「(自動車道の
インター)○○で下りんならん
のに、△△で下りやがって。」笑い。
「上の方から米朝一門見守っててや、
枝雀兄ちゃんと一緒に。さいなら!」
鼻すする音。

二番手は吉朝師とほぼ同期の
桂千朝師。端正な語り口で、
入門当時のエピソードを交え、
当初からいかに逸材であったかを
ご紹介くださいました。
師も耳までまっかっかにされているのが
後ろから拝見していてもわかりました。

三番手はサンケイホールの
関係者の方でした。お名前を
失念しました。すみません。

弔電が三百数十件届いていますとの
ご報告の後、奥様の恵子さん、
ご子息の康介さん、そして七人の
お弟子さんが壇上に上がられ、
代表して奥様が謝辞を
述べられました。

最後にご遺族、関係者、一般の順に
菊を献花させていただきました。
その間スクリーンには師の高座姿の
写真が次々と映し出されていました。
改めてその美しさ、成り形の良さを
感じました。美男というのではない
かも知れませんが、男前やったなあと、
しみじみ思いました。

奥様、息子さん、お弟子さん達が
立礼でご挨拶しておられました。
お弟子さん達は、黒紋付の羽織袴。
第一種礼装です。でもお顔がみんな
おぼこくて…。はよ黒紋付が似合う
立派な落語家さんになってくださいね。

ご本人からもご挨拶いただきました。↓
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 桂吉朝を送る会

    Excerpt: 2005/12/22 @アルカイックホール・オクト  受け付け開始前に会場へ到着。平日の昼間と云うこともあって混雑はなし。写真を撮って入場。  直前まで香典はどうしようかと迷うも、一般人だとご遺族にあ.. Weblog: 山葵的日常 racked: 2005-12-22 21:14
  • 桂吉朝さんを送る会

    Excerpt: 桂吉朝さんを送る会」700人が最後の別れ ースポニチ大阪 ◆ 桂ざこば、涙で「さいなら」 ◆  11月8日に心不全のため亡くなった落語家・桂吉朝さん(本名上田浩久、享年50)を送る会が12月2.. Weblog: 井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 でっせい racked: 2005-12-23 10:50