二人でピアノ

画像1932(昭和7)年竣工の
同志社女子大学栄光館
ファウラー講堂で、
「社会福祉法人
京都いのちの電話2005
チャリティーコンサート」が
ありました。出演は
田代晶子・西谷玲子の
姉妹ピアノデュオです。

西谷さんとは20年以上
前からのお知り合い。
ご本人もお姉様も
ウィーンに留学された
才色兼備のピアニスト。
ラベック姉妹(覚えて
おられますか?)がブームに
なった時は、「和製ラベック姉妹」と
ご自分でおっしゃってました。(笑)

プログラムはすべて連弾でした。

第一部〔ピアノ連弾の名曲を集めて〕

 シューベルト
   「序奏と自作主題による変奏曲」 D698A
   「3つの軍隊行進曲」 D733

 ブラームス
   「ワルツ」 Op.39

第二部〔少し早いクリスマスの楽しみを集めて〕

 アンダーソン
   「そりすべり」

 チャイコフスキー
   「くるみ割り人形」 Op.71a
    (Langerによるピアノ連弾編曲)

     朗読…つづきやすこ

 クリスマスキャロル
   「牧人ひつじを」
   「グリーンスリーブス」
   「We wish you a “Merry Christmas”」
     同志社幼稚園の聖歌隊と共に
   「聖しこの夜」
     会衆と共に

小さい子供達も聴きに来ていましたが、
みんな大人しく最後まで楽しんでいたようです。
最近、幼い命が奪われる痛ましい事件が
続いています。
一方で、身近な命を救おうと、
「24時間眠らぬ電話」で悩み苦しんでいる人の
話を聞くボランティアをしておられる方達が
いらっしゃいます。その事実を知ったことで、
私自身が救われた思いがしました。

「and Peace on Earth」(地に平和)
心が鎮まる一時でした。

70余年の歴史を感じさせる建物。
各部屋のドアにはリースが飾られていました。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

きー
2005年12月05日 23:38
同志社の建物はとても雰囲気があって素敵ですね。その中でピアノの演奏、私も聴いてみたいものです。ピアノの連弾って生で聴いたことがないですよ。幼稚園の聖歌隊と共演というのもほほえましくていいなぁ。
本当に、最近は連続して小さな命が奪われる事件が起き、いったい日本はどうなっちゃってるんだと悲しくなります。私も再来週、子供たちと一緒に小樽市内の老人ホームのクリスマス会で演奏してきます。つたない演奏ですが、生の音楽を聴くことで少しでも楽しいひとときを過ごしてもらえたらなと思います。
月下酔 黙琴堂 主人
2005年12月06日 02:18
>きーさん
クリスマス会で演奏されるの
ですね!素敵なひとときに
なりますように。
小生の入っていたホザナ
コーラスは、聖歌隊でも
ありましたので、クリスマス
にはキャロリングで、
賛美歌をあちこちに歌いに
行きました。病院で歌った
時に、患者さん達がまるで
全身で音を吸い取るように
聴いてくださったことが
忘れられません。演奏を
することで心が通うという
経験のおかげで、ジャンルは
違えど現在もお稽古を続けて
いられるのかも知れないです。

この記事へのトラックバック