京都造形芸術大学 自演会

画像

第八回 京都造形芸術大学 能楽部楽心会の
自演会が、河村信重師の三回忌追善として
開催されました。

信重師は観世榮夫師と共に能楽部の創設時
から指導に当たっておられたそうですが、
平成十六年一月十日、惜しまれつつ
四十六歳で此の世を去られました。
現在は弟の博重師が志を継いでおられます。

現役の部員は六人と少数ですが、
OG・OBの出演もあり、立派な会でした。
トメは能『経正』。おシテ、おワキ、
地謡前列を部員が勤められました。
その心意気が素晴らしく、
そしてうらやましかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

造形大能楽部OB
2006年01月23日 21:00
造形大学の自演会にOBとして出演していたものです。
まさかこんなところで紹介されているとはつゆ知らず、日記に書いてくださってありがとうございます。
なんとか形になっていましたが、現役部員、OB共々まだまだ修行が必要です。
これからも温かく見守っていただけると幸いです。
月下酔 黙琴堂 主人
2006年01月24日 10:10
>造形大能楽部OBさん
コメント頂きまして、
ありがとうございます。
クラブとしての歴史が
短いのに、お能まで
出されてスゴイなあと
思います。
最近は部員の減少で自演会が
できなかったり、活動休止
になってしまう能楽部も
少なくないと聞いています。
貴能楽部には、これから、
という勢いを感じます。
指導者にも恵まれておられる
ことですし、今後のご活躍を
楽しみにさせて頂きます。
こちらこそどうぞ宜しく
お願い申し上げます。

この記事へのトラックバック