観世蛍雪会

画像

「京都観世蛍雪会(146回)」を
拝見してきました。
京都観世会主催のメインの会は
年10回の、「観世会例会」です。
これを一軍とすると二軍の試合に
相当すると申せましょうか。
年に4回、若手から中堅の先生方が
能のシテとして出演されます。
三軍もありまして、これは年2回、
「観世青年研究能」です。

(2007年1月23日抹消)

曲目とおシテのお名前だけご紹介します。

 能 『高砂』 浦部幸裕

 狂言 『雁礫(かりつぶて)』 茂山忠三郎

 仕舞 『巴』 味方玄
     『胡蝶』 深野貴彦
     『放下僧 小歌』 河村晴道
     『国栖 キリ』 吉浪壽晃 

 能 『東北』 田茂井廣道

 仕舞 『白楽天』 片山慶次郎
     『籠太鼓(ろうだいこ)』 井上嘉介に代わり
                    林喜右衛門

 能 『項羽』 梅田嘉宏に代わり片山清司

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 観世蛍雪会 第150回

    Excerpt: 一昨日、20日の土曜日に京都観世会館にて 第150回の観世蛍雪会が催されました。 ノキロさんの新年会の前に拝見してきました。 Weblog: 月下酔 黙琴堂 日記  「窯辺日月」 racked: 2007-01-23 19:15