ひねもすのたりのたりかな

今日も体調すぐれず、
一日ダウンしておりました。
飲みすぎ食べ過ぎで弱った胃腸に、
風邪の神さんがつけこんだんでしょうか。

昨年、岡崎の「聖マリア教会」で行われた
「まりあ寄席」で、桂米二さんの
『風の神送り』という落語を聴きました。
「風邪の神は人間の弱みにつけこむ」
というのが、重要なフレーズの噺です。
昔は日常会話でそんな風に話して
いたのでしょうが、今は使いませんね。
米二さんもマクラでさりげなく振って
おられました。

「ウイルス」とか「抵抗力」などという
言葉の無かった時代の人達の、
体験から生まれた味わい深い言葉だと
思います。

流動食しか喉を通らなかった私の
為に、連れ合いが鱈とお豆腐の
みぞれ鍋を作ってくれました。
沁みるようにおいしかったです。
明日はもう少し元気になれそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

きー
2006年01月24日 23:43
毎日寒いですね。札幌も毎日毎日雪で、もううんざりです。私も風邪をひいてしまい、少しだけですが、せきと喉の痛みにやられています。
お腹の調子が悪いとのことですが、風邪かもしれませんね。お腹の調子が悪いと体に力が入らないので辛いですね。お大事になさってください。
月下酔 黙琴堂 主人
2006年01月25日 12:18
>きーさん
ご心配をいただき、
有難うございます。
お蔭様で今日は朝から
なんとか動いております。

こちらでもこんなに
寒くて雪が多いのに、
北の国ではいかがばかり
かと、お察し申します。

きーさんもどうぞ
お大事になさって
くださいませ。

この記事へのトラックバック