しんちゃんライブin上燗や

画像

しんちゃんこと「くすき しんいち(楠木信一)」の
ライブが、定休日の上燗やをオープンにして
開催されました。

生ギター一丁にブルースハープかカズー。
頭をバンダナで包んで歌い始めれば、
どこでもそこがステージに。
吟遊詩人というか、旅人の雰囲気を身に纏い。

フォークソングと言っていいと思いますが、
自作曲多数。他に70年代の曲にリスペクトして、
自作の詞を付けたものに素敵なのがたくさん。
中でも私が秀逸と思うのが「一乗寺オンマイマインド」。
今夜もやってくれました。名曲です。

しんちゃんの歌詞の世界はどこかお能に
通じるものがあります。唐突ですが。
月の光がよく出てきます。登場人物は
誰かに会いに行こうとしているか、
会いたいと思っているか、会いたいのに
会えなくて悲しんでいます。

「西洋の演劇では何事かが起こる。
能では何者かが訪れる。」という評があるそうです。
何のためと云うに、会うためです。
旅の僧に。恋しい人に。好敵手に。
恋しい昔に。昔の自分に。

「あなたに も一度 会いたい 京都町
 思い出は 月の光の向こう側 …」
タイトルを知らない今夜のラストソングを
聴きながら、歳のせいで涙腺がゆるくなったと
感じました。随所でライブがあります。

写真を撮り損ねましたので、
近所の田んぼの現況です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック