ハーモニウム

画像

我家のお隣さん「森田ピアノ工房」で
「ハーモニウム」という珍しい鍵盤楽器の
製作が佳境に入っています。

ハーモニウムは足踏みオルガンの一種。
一般のオルガンが空気を吸い込んで音を
鳴らすのに対し、こちらは空気を吹き込んで
音を鳴らす方式だそうで、本場ヨーロッパでも
最近は作られなくなっている楽器だそうです。
ひとつの鍵盤を押し続けているだけでトレモロの
表現が出来る、その名も「トレモロ」という
機能も付いています。

今回は約100年前のフランスで作られた
ハーモニウムのリード(音源部)だけ残して
使い、他はすべて一から作るという大仕事。
設計図を引き、バネや鍵盤など小さな部品
まで手作りで復元されてます。リードだけは
現在の職人技術をもってしても作れない程
巧みにできているそうでそのまま用いられる
ことになりました。

製作者は先日「探偵!ナイトスクープ」に
出演、見事にピアノを修復されてた
森田歩さん。連日深夜まで作業が
続いています。

披露公演は10月21日(土)16時から
京都コンサートホールの小ホール
「アンサンブルホールムラタ」にて開催される
京都フィルハーモニー室内合奏団 第148回
定期演奏会にて。マーラーの「大地の歌」
(室内楽版:シェーンベルグ編曲・リーン補筆)
で演奏されます。楽譜に指定されている
ハーモニウムを使いたいという京フィルの
要請でキツイ日程もなんのその、意気に
感じて森田さんは製作に励んでおられます。

京フィル定期演奏会のチケットは
電子チケットピアまたはローソンチケット
でもお求め頂けます。ハーモニウムの
音色をお楽しみにお出かけになりませんか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

京フィル事務局
2006年10月20日 20:51
宣伝をして頂き、誠にありがとうございます。
いよいよ明日となりました。
まだ当日券もございますので、
皆様お誘い合わせの上、ご来場のほどお待ち申し上げております♪
月下酔 黙琴堂 主人
2006年10月21日 13:03
>京フィル事務局さん
コメント頂きまして、有難うございます。
いよいよですね。森田さんの奮闘振りを間近で拝見しておりましたので、聴かせて頂く私の方がなんだか緊張してきました。無事に、そして成功裡に演奏会が終了しますことをお祈り申し上げます。

皆様、当日券も用意されてるそうですので、今日は京都コンサートホールへ行きましょう!開演は午後4時です。

この記事へのトラックバック