画像

ご近所の柿の実が色づいています。

色づいた柿の実を見ると学生時代の
友人の言葉を思い出します。彼は札幌から
来ていたのですが、「ほんとに柿が成っている。」
と驚いていました。教科書でしか見た事が
ないとのことで、逆に私は北海道に柿の木が
ないことを知りました。

後に北海道へ行った時は、ダケカンバやクマザサなど、
それまでは信州の高地でしか見た事のなかった植物が
札幌郊外の平地に自生しているのを見て、今度は私が
一驚を喫することとなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月21日 13:36
あ~柿だ。
私も子供の頃を思い出します。
実家に柿の木畑(?)があって、よく木に登ったり、ぶら下がったりして遊んでいました。
(今登ったら、絶対枝が折れますね)
あと、落ちている柿の花をいっぱい集めて、糸を通して繋いでみたり。
柿の花、なんか好きなんです(笑)
な~んか懐かしいですねぇ。
でも、北海道に柿の木がないとは知りませんでした。
ビックリ。
きー
2006年10月21日 20:25
「わぁ!柿だ!!」って、たぶん北海道人は皆見たら感動すると思います(笑)
北海道ではリンゴ、ブドウ、サクランボなどは見られますが、道外に旅行に行って柿の他にもミカンなどの柑橘系はなっているのを見ると目が釘付けになります(^-^) ちなみに私はまだ柿がなっているのを直に見たことないです。
北海道は先週あたりから一気に寒くなって、下界でも近々初雪が降るかなぁと思うくらいです。この前は雪虫も見かけましたしね。
そろそろ冬タイヤに換えなければ!
月下酔 黙琴堂 主人
2006年10月23日 10:17
>Nさん
母親の里にも柿の木がありました。私も子供の頃、いとこ達と登って遊んでました。折れやすいんですよね、柿の枝って。先の方へ行くなとか、乗ってゆするなとか注意されましたよ、そう言えば。
でも花は見たことないですねえ。花を糸で繋ぐとは、なんとも女の子らしい遊びですね。(余談ですが、桂枝雀師の「代書」の口演を思い出しました。桜の花びらで同じ遊びをする話が出てきますので。)私は用材としての柿の木も好きです。虎模様のように黒い縞があって美しいですよ。
月下酔 黙琴堂 主人
2006年10月23日 10:18
>きーさん
柿を見て感動される北海道人は彼だけではないのですね(笑)。
柑橘系は実が丸くて色も明るくてカワイイです。実が色づくに従って落葉してしまう柿と違って葉っぱもピカピカでいかにも元気な感じ。いかにも南国の植物です。京都でもたまに見かけますが、愛媛県へいった時、山の斜面一帯に柑橘類(ポンカンだったか?)が成っているのを見た時は驚きましたよ~。
3・4日前、大阪のラヂオでも、パーソナリティーが「北海道で雪虫が飛んだそうです」と話していました。この虫が飛ぶとだいたい1週間後に初雪が降るのだそうですね。こちらは日中はまだ少し暑いぐらいで、半袖の人も見掛けます。タイヤ交換たいへんですね。

この記事へのトラックバック