B席もまた善し

画像

今日も良いお天気。阪急「宝塚」駅から
宝塚大劇場に続く「花の道」にも新春の
日差しが降り注いでいました。

武庫川の堤防だったという「花の道」。
12年前の阪神淡路大震災を境に、
周辺の景観が大きく変わりました。
以前は川と反対側に昔からの木造の
お店がずらっと並んでいました。老朽化と
通りに面して開口部を広く取ってあったため、
地震で多くの建物が一階から崩壊しました。
お店の方達は二階で就寝中だったので、
人的被害は比較的少なかったように
聞いています。現在はその跡地に、
大劇場に調和させた南欧風のデザインの
マンションが屏風のように建っています。
12年前も震災の2週間ほど前にお正月公演を
観劇に行きました。この時期に訪れますと、
やはり思い出してしまいます。

あの日と同じように良いお天気、今日は
月組公演です。宝塚ロマンチック・コメディ
「パリの空よりも高く」と、レビュー・ロマネスク
「ファンシー・ダンス」の二本立て。
二階の後列、SS席と並んで席数の少ない
B席で観劇しました。天井桟敷です。
(余談ですが、故桂吉朝師がやはりこの席で
ご覧になって、「天井に手が届きそうな…」と
手振りを交えてマクラでしゃべっておられたのを
思い出してしまいます。)

群舞など、大勢の人が出てくるシーンを観るのには
適しているなと感じました。舞台全体が見渡せます
ので、演出や振り付けの意図がよくわかります。
ロケットと呼ばれるラインダンス。前の方で観ると
どこを見ればよいのか途方に暮れますが、
ここからならそんな心配はいりません。
そして何より、こんなに離れていても上手い人は
上手いのだということが良く分かります。
私はキリヤンこと「霧矢 大夢(きりや ひろむ)」さんの
ファンなのですが、改めて彼女のダンスの上手さに
舌を巻きました。B席善哉であります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

きー
2007年01月16日 22:33
月組公演を観て来たんですね!!
うらやましい~。
きりやんは相変わらず素敵なダンスでしたか。
いいなぁ、私も観たい!
今度はぜひ、奥様ともどもご一緒に観劇しましょう。
月下酔 黙琴堂 主人
2007年01月17日 10:14
>きーさん
きりやんのダンス、回転技が特に素晴らしいですね。体幹の軸がブレない、頭の位置がズレない、見事なものです。腕や脚の上げ方も誠に美しく、素敵でした。身体の使い方には、仕舞にも共通する処があって本当に凄いと思いました。とてもマネできませんが(笑)。
ぜひまたご一緒させてくださいませ。

ご心配いただきました祖母ですが、お蔭様で先日退院することが出来ました。その節はありがとうございました。年齢が年齢ですので油断はできませんが、持ち直してくれたようです。
きー
2007年01月17日 23:29
退院されたんですね!
よかった、よかった。
これから春に向かって、きっとだんだん元気になっていきますね。私もうれしい。
月下酔 黙琴堂 主人
2007年01月18日 17:09
>きーさん
ありがとうございます!
明治生まれの人は強いといいますが、
底力を見せてくれています。

この記事へのトラックバック