島原のおかき「うすばね」

画像

江戸の吉原、大坂の新町と並んで幕府
公許の遊郭であった、京の島原。
上の写真、「島原の大門」のすぐ近くに手焼き
おかきの専門店「菱屋」さんがあります。
名物は「うすばね」です。

画像

創業明治19年の菱屋さん。「うすばね」の
写真を撮り忘れ(自宅用に買ったのですが
撮る前に食べてしまい…)、ご紹介できないのが
残念です。とても薄いおかきなのです。
蝉の羽のようなというと大袈裟ですが、
ポテトチップスぐらいで、いかにも薄羽という感じです。
口に入れると、噛むというほどの力も要らず、
すぐに細かくなって甘みが広がります。
お米の風味とたまりの香ばしさがとても好もしいです。
米菓では今まで味わったことのない食感でした。

お店で他の品と詰め合わせてもらいまして、
それを提げて新年会其の四の会場へと向かいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック