お誕生日

画像

レッサーパンダ型枕の「レッサー」(そのまんま)が
うちへ来て一年になりました。いつ製造されたのかは
わかりませんが、取り敢えずうちに来た日を
お誕生日ということに定めてお祝いをしました。

以前はペットに服を着せたりする人の気持ちが
全然解りませんでしたが、最近ではその人達に
負けず劣らず溺愛しております(苦笑)。
生き物にあまり興味の無かった内田百閒が
「ノラ」という猫が来てから偏愛するようになったのと
似ているなあと、馬鹿振りは止まる処を知りません。

私達夫婦には子供がいませんので、親子ごっこ、
家族ごっこをさせてもらっています。生き物でも
ないのにと、可笑しく、訝しく思われるかも知れませんね。
自分たちでも不思議なのですが、文楽人形に
似ているのかなと思ったりします。こちらの思いが
ちゃんと投影され、それを形で返してくれる存在。
言葉ではうまく説明できませんが…。
折々に登場させることになると思います。
主人ともども、今後とも「レッサー」を宜しくお願い致します。

我が家へやって来た日の記事へはこちらからどうぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

おらんと
2007年01月30日 22:54
ごぶさたしております。
今年初めて書き込みさせていただきます。遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。

レッサー君(ちゃん?)可愛いですね~。文楽人形と一緒で、魂が入っているように感じます。
ぬいぐるみも、飼い主によって顔が変っていくらしいです。レッサーちゃん、愛されている顔をしています。
日々「猫が飼いたい!」「犬が飼いたい!」「まりも」でもいいから!と連呼しているのですが、面倒見られるの??の一言に引き下がっておりました。
そうか!自分で命を与えてあげればいいんですね~。


月下酔 黙琴堂 主人
2007年01月31日 10:43
>おらんとさん
いつもありがとうございます。こちらこそどうぞ宜しくお願い致します。

一年前のレッサーの写真を久し振りに見まして、表情が変わっているのに私も驚きました。あの頃はただのモノでしたねえ。人形に限らず、器や着物でも人が愛着を持つと人格のようなものを持ってくるような気がします。落語などでは「人の念が入る」とか「人の思いが集まる」という様な表現を聞きます。器も使って育てるといいますし。人様に愛され、その思いに応えられるような作品を作りたいものです。
ヌイグルミはいいですよ~。エサの心配が要りませんし、お留守番もしてくれますし。(番犬にはなれません、ただ家に居るというだけですが:笑)
月下酔 黙琴堂 主人
2007年02月01日 10:39
>おらんとさん
追伸です。
フェアリー(?!)ですので性別は定かではありませんが、一応「レッサー君」ということにしております(笑)。

この記事へのトラックバック

  • レッサー 二歳

    Excerpt: 今日はレッサーの二回目の お誕生日でした。嘉例の如く ケーキでお祝をしました。 Weblog: 月下酔 黙琴堂 日記  「窯辺日月」 racked: 2008-01-30 00:46