大学ラグビー 準決勝

お正月はスポーツも花盛り。
東京の国立競技場ではラグビーの
全国大学選手権準決勝二試合が行なわれました。
東高西低ともいわれる昨今、久し振りに
関西勢が二校出場するとのことで、
テレビ観戦しました。

大阪体育大学vs.関東学院大学
京都産業大学vs.早稲田大学
結果は残念ながら二校とも惨敗。
地力の差がはっきりと出ていたようです。
強豪がひしめく関東のリーグとは
戦い方の厳しさが違うのでしょうか。
ひとつ口惜しいと思うのは、関東のチームに
関西の高校出身者が多いということです。
もちろん逆のケースもありますが、
比率はずいぶん違うと思います。
「試合前に対戦する両校のメンバーが
関西弁で談笑する光景も見られました」と
テレビのアナウンサーが話していた程です。

花園ラグビー場で行なわれている高校選手権。
大阪府には三つの代表枠があるぐらい盛んで
レベルも高いのですが、大学の受け皿が
少なく、有力選手が関東へ流出してしまう
現実があるようです。ちょっと淋しいですね。

決勝は13日(土)、6年連続となる
関東学院大vs.早稲田大の組み合わせで
行なわれます。良い試合を期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック