うどん屋さんの風邪薬

画像

朝は昨日に引き続き暖かでしたが、
小雨が降りました。日中になっても
あまり気温が上らず、逆にどんどん
寒くなっていくよう。夜に入ると
いよいよ冷え込んで霙(みぞれ)に
なりました。ラヂヲからは今季一番の
寒波がやって来ると報じています。

風邪をひいたひいたと騒いでいましたら、
皆様から色々とご心配を頂いたり、
助言を頂いたりしました。恐縮です。
この場を借りてお礼申し上げます。
有難うございました。

ひき始めには葛根湯。次にビタミンCや
水分の摂取。言われた通り素直に実行した
お蔭でしょう、あまり酷くならずに済みました。
トリで登場したのが写真の生姜飴。
先日の社中の新年会の福引で引き当てました。

画像

ただの飴ではありません、
「うどんや風一夜薬本舗」製の生姜飴。
昔、うどん屋さんで風邪薬を販売するのが
流行ったことがあるそうです。薬事法が
どうだったのかは分かりませんが、
温かいうどんに七味や生姜をいつもより
沢山入れて、食後に薬を飲んでさっさと
床に就く。そんな事が民間療法として
行われていたそうです。

そういえば、かつて花登 筺(はなと こばこ)の
原作で大阪船場の商家を舞台にした
テレビドラマがいくつも作られました。
スポーツ根性ものならぬ商人(あきんど)
根性ものとも言うべき物語でしたが、
よく見ていました。その中にも、うどん屋で
頓服を飲むシーンがあったと記憶しています。

また、夜鳴きのうどん屋を小声で呼び止めて
注文する男が実は風邪ひきで声が出ない
のでした、というオチの上方落語「風うどん」も
同じような背景があるのでしょうね。

皆様の温かいお気持ちのお蔭で
ほぼ平癒いたしました。お酒も美味しく
頂いております。また仕事にお稽古に
頑張りたいと思います。
本当に有難うございました。

旧暦〔睦月六日 一月節立春〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック