花の巡礼

画像

花は盛り。天気は温順。
そして日曜日。
花の名所は昨日より更に
賑わったことでありましょう。

画像

混雑に輪を掛けるのも如何な
ものかと、ご近所で花のハシゴを
することにしました。まずは
「花山神社」、通称「花山稲荷」。

画像

雰囲気のあるお宮さんです。
こちらを厚く崇敬された花山天皇に
因んだ名前だそうで、『小鍛冶』の
三条小鍛冶宗近にも所縁が
あるとの由。

画像

次に先日も訪れた岩屋寺へ。
途中大きな木蓮の樹に遭遇。

画像

参道の桜が見頃でした。
花の下でお弁当を広げるグループも
一組ありましたが、ご覧の通りの
長閑さです。

画像

山桜の葉っぱの色を見ていると
桜餅を食べたくなります。

画像

お寺の門に懸かる枝垂桜は盛りを
過ぎて若葉が出てきました。
柔らかい色調が美しいです。

画像

この辺りは少し高いので、眺めも
素晴らしいです。音羽の山が
霞んで見えます。

画像

岩屋寺の横をさらに登っていくと
山科神社。本殿です。
社伝によりますと、寛平九年(897年)に
宇多天皇の勅命により創建されたそうで、
山科一ノ宮とも呼ばれた由緒あるお宮さん。

画像

見上げると参道上空はさながら花の雲。
連れ合い曰く花のレース。

画像

小さな枝にもちゃんと花が。

画像

深山桜の風情。鶯の声を聞いたり、
目白の群が花から花へ飛び回って
無心に蜜を食べる姿を見たり。

画像

最後に「桜まつり」で賑わう大石神社へ。

画像

花子ちゃんは喧騒の中でも泰然自若。

画像

子供達に牧草をもらってゆっくり
食べていました。

画像

境内には模擬店も出て賑やか。
それでも地元の人が多いので
どことなくノンビリした雰囲気です。

画像

お琴の演奏もされていました。
曲はユーミンの「春よ、こい」や、
今や国民的歌謡曲となった
「千の風になって」。
とても好かったです。

画像

天気も下り坂。観桜週間も今日が
クライマックスで、そろそろ終了。
いつまでも浮きに浮いている訳には
参りません。
浮き世から憂き世に帰る一休み、
さはさりながら、ちょっと一杯。

旧暦〔弥生一日 三月節清明〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック