夏は来ぬ

画像

卯の花に続き梔子(クチナシ)の花も
咲き匂っています。今日は立夏。

曇り空で蒸し暑い朝。昼間は気温が
上らず、猛暑も一服といったところ。

ラヂヲのパーソナリティーの人が
「二十四節気は旧暦なので太陽暦
ではない」ような発言をされていたのが
気になりましたので、自分の確認の
意味もあり、もう一度書いてみます。

いわゆる「旧暦」は太陰太陽暦です。
新月から新月までが一月。
夏至から夏至までが一年。
これが基本です。
一月は約30日。一年は約365日。
一年を十二ヶ月とすると、30×12で
360日。太陽の運行とズレが生じて
きますので、数年に一度「閏月(うるうづき)」
として、まるまる一月を嵌入します。
けっこう手荒い暦です。

一月も前後するのですから、季節感も
ズレてきます。そこで二十四節気の
出番です。これは、一太陽年を冬至・春分・
夏至・秋分で十字に区切り、その中点を
立春・立夏・立秋・立冬とし、さらにその
間を三等分にしたものです。つまり
正真正銘の太陽暦という訳です。

旧暦を補完するためのものですから、
新暦でも、イスラム歴にでも援用できます。
ただ、季節の進み方は幾何学的には
いきません。気象予報士の方が
「暦の上では」とおっしゃるのは、旧暦では
という意味ではなくて、二十四節気という
仮初めの区分に従えば、という意味で
ありましょう。

生半可通が書くと、いよいよ分かりにくい
ですねえ。すみません。ともかくも、
二十四節気は暦の新旧を問わず使えて
季節の話題に出来る、有難いもので
あります。

画像

近所の田んぼに水が張られ、田植えの
準備が始まりました。

旧暦〔卯月一日 四月節立夏〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック