第44回 上京薪能

画像

台風13号が接近し、西日本各地で
被害が出ました。京都も未明に
強い雨音がして目を覚まさせられました。
その後止んだり降ったりで、
徐々に回復していきました。

蹴鞠に縁の有るお宮さんとして、
近年サッカーを始め球技の
競技者や応援者の崇敬を
集める白峯神宮。
そちらで毎年開催され44回目となる
「上京薪能」ですが、今年は
生憎の天候で舞台を金剛能楽堂に
移して行われました。

この薪能の特色は、能狂言だけでなく
お琴や舞楽が上演されることと、
2部制になっていて第1部では素人による
舞囃子・仕舞、琴の発表があることです。
不肖私も今回初めて仕舞『柏崎 道行』で
舞台に立たせていただきました。
お稽古を始めて丁度十年になりますので
良い記念になりました。

第2部は主催者のご挨拶に続き、
「いちひめ雅楽会」による舞楽
『青海波(せいがいは)』、
「宮城社・麻ノ会」の琴『初鶯』が
上演されました。その後、
観世流の仕舞六番、金剛流の
舞囃子『玉葛(たまかづら)』、
大蔵流狂言『盆山』と続き、
留めは観世流能『葵上 梓ノ出』でした。

屋外で舞うことができなかったのは
残念でしたが、由緒有る金剛能舞台に
上らせて頂いたのは、本当に良い
経験でした。

旧暦〔葉月二十日 八月節白露〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月24日 15:48
先日の薪能では、どうもありがとうございました。
そうですよね、金剛能楽堂の舞台で舞わせていただくことなんてなかなかないことですし、貴重な経験になりました。
私にはもう二度と金剛能楽堂の楽屋にまで入ることなんてないでしょうし、もっと探検しておけばよかった!(>_<)
月下酔 黙琴堂 主人
2008年09月25日 09:26
>Nさん
こんにちは。その節はこちらの方こそありがとうございました。素敵な舞囃子を拝見させていただきました。

初めての舞台で、ぶっつけ本番。
どうなることかと心配しましたが、
とても舞いやすかったので
ビックリしました。
長い年月、役者さんたちの
気を吸い込んだ舞台に
包み込まれたように感じました。
出来ればまた舞いたいです(笑)。

舞台に立つのは初めてでしたが、
実は楽屋へは以前に一度入らせて
いただいたことがありました。
舞台とは逆に楽屋は新しくて
きれいで、いいですねぇ。
ちょっと、うらやましいです(笑)。

この記事へのトラックバック