陶器まつり余話

第35回清水焼団地陶器まつりも
無事終了しました。梅雨明けの
遅れた今年は久し振りに土砂降りの
雨に見舞われましたが、ものともせず
大勢お越しくださいました。
本当に有難うございました。

画像

この陶器まつりでは、会場の雰囲気を盛り上げ
ご来場者に楽しんでいただこうと、
色々な企画がなされています。
老舗「イノダコーヒー」も出張。
小生、コーヒーはブラックで飲むことが多いのですが、
こちらの「アラビアの真珠」というブレンドコーヒーは
ミルク砂糖入りの方が美味しいと思います。
出張店限定でしょうか、「ハムクロワッサンサンド」と
いうメニューがありました。差し入れしてくださった
方がいらして頂戴しました。とっても美味しかったです。


近年、産学連携ということで、地元の橘大学の
学生さん達がまつりに関わってくださっています。
場内放送のアナウンスをしたり、
露天で冷たい飲み物を売ったり。
二日目は「橘座」というミニコンサートがありました。
生憎の天候で会場を陶土の原料工場倉庫に
移しての開催でしたが、吹奏楽部、和太鼓部、
京炎袖振れ(創作舞踊)の皆さんが熱演を
繰り広げてくださいました。

画像

吹奏楽部はアニメソング特集。
中高年向けに「ルパン三世」「宇宙戦艦ヤマト」。
家族向けに「サザエさんメドレー」。

画像

和太鼓はたいへんな迫力。
室内ですので、音が風になって
体に当たる感じ。ほんに音というのは
空気の波動であると体感しました。


画像

夜には大石神社の社中による「大石囃子」の
公演がありました。「大石囃子」は神田明神の
流れを汲むお囃子とのこと。山科は大石内蔵助が
討ち入りの為に江戸へ下る直前に仮住まい
した所。お江戸とご縁を結ばれたのでしょうね。

画像

お囃子に合わせて、獅子やひょっとこが踊ります。

画像

トラックの荷台が特設舞台です。
設営撤収も楽々。上手く出来ています。

画像

ひょっとこの滑稽な動きに子供達は大喜び。
獅子が出てくると、すすんで頭を差し出し、
噛んでもらっていました。親御さんに抱かれて
小さい子達も噛まれていましたが、中には
泣き出す子がいて周りの大人達の笑いを
誘っていました。面白い風習ですね。

旧暦〔水無月九日 六月中大暑〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック