謡本の着物

画像

仕舞のお稽古に必要な物は
扇と白足袋です。謡のお稽古に
必要な物は扇と謡本です。
両方をお稽古する場合は、この
三点セットを持ち歩くことになります。

ちゃんとした方はちゃんとした袋に
それらお道具を入れておられますが、
私はと言いますと、扇だけは専用の
袋に入れておりますが、足袋はお稽古を
始めて11年ずっと同じバンダナ(しかも、
貰い物)に包んでおりまして、謡本に至っては
たいてい裸、たまに檜書店の紙袋といった
体たらく。。。

まあ、手垢が付いたり唾が飛んだりも
しますし、傷み易いものではありますが、
もうちょっと大事に扱わねばと思っていました処、
先日まで展覧会でご一緒でした吉田桂子さんの
作品に絶好のものがありましたので
最終日を待って買わせていただきました。

画像


四角い布の三方の角を折って縫い合わせて
あります。残る一方をフラップのように折って
閉じるようになっています。女性用バッグインバッグ
として造られたとのことで、様々な大きさが
ある中で謡本にピッタリのものを見つけました。
厚さにもよりますが、3,4冊は入ります。

画像

裏地も渋いといいますかお洒落です。
これで後ろめたさを覚えずに謡本を
持ち歩くことができます。
次は足袋用ですな。

旧暦〔閏皐月十日 五月中夏至〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック