明日になれば

昨日、神戸三宮のギャラリー ミウラでの 「生活工芸展」、無事に会期を終了いたしました。 ご来場くださいました皆様、 本当にありがとうございました。 しばらく行けなかった朝の散歩に出かけました。 今月は暖かく穏やかな日が多かったので、 季節の歩みはゆっくりですが、顔を出した お日様の遠い感じに冬を感じました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まねき上げ

11月25日(水) 神戸から帰ってきたら南座に 顔見世のまねきが上がっていました。 うろうろ三十ちょろちょろ四十とか。 うかうかしている間の五十年。 光陰の速さを感じる光景のひとつです。 旧暦〔神無月九日 十月中小雪〕 ※ブログ移転のお知らせ 此の度、諸般の事由によりまして、 当ブログの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸 味香苑

11月24日(火) 神戸・三宮「ギャラリー ミウラ」での「生活工芸展」。 初日に遠路はるばる京都からお越しくださったお客様と 食事をご一緒させていただきました。 生田神社近くのビルの8階にあります「味香苑(みかえん)」さん。 上の写真は名物の「羊肉の串焼き」です。お好みで唐辛子を 刻んだものをまぶして食べます。絶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸 泣いてどうなるのかぁ~

明日から始まる「生活工芸展」の搬入・陳列に 神戸三宮の「ギャラリー ミウラ」へ参りました。 今年は小鳥を香炉や花生に留まらせました。 その一つに小島さんの工房に咲いていた 山茶花を頂戴して合わせてみました。 小鳥が花を見上げているようですねと、 ご一緒の方が作業の手を止めて おっしゃってくださいました。 「生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

駅に北口南口

しぐるるや駅に西口東口   安住 敦 初めて降りる駅が東西の出口に分かれていると 季節に関わらず、つい口ずさんでしまう一句です。 線路の走る方角によっては北口と南口になる 駅もあります。東京のJR高円寺駅もその一つ。 トラットリア「ボッカ ルーポ」にお邪魔するように なって、何度か利用させていただいています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活工芸展in神戸

椅子作家の小島 優(あつし)さん主宰の「生活工芸展」。 隔年で参加させていただいておりまして、今年は当たり年。 毎回色々なジャンルの工藝作家さん達とご一緒できて、 楽しみな展示会です。 今回は小島さんの他に、織物の小西 美代子さん、 ガラスの新居 百合子さん、螺鈿のchogoroさんとの競演です。 会場は神戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬立つ日に詠める

 ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲                        佐々木信綱 寧楽の都のおおどかさには 及ぶべくもありませんが、 京都には京都の風情あり。  ゆく秋の旧国鉄の駅前の塔の上なる一ひらの雲 旧暦〔長月二十二日 十月節立冬〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

啼かぬホトトギス

日毎に秋が深まる今日この頃 小さな鉢に植えた我家の 杜鵑草(ほととぎす)が咲きました。 二年間は葉っぱだけでしたが、 今年初めて花を付けてくれました。 この冬は植え替えしてやしましょうか。 旧暦〔長月二十日 九月中霜降〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演芸大会

とても寒い朝になりました。 布団を出るのに意思の力が 必要となりました。勇を奮って 散歩に出掛けました。 謡の大先輩がお世話されている老人会謡曲部が 出演される演芸大会で一緒に謡わせて頂きました。 他にも詩吟、日舞、大正琴、筑前琵琶、歌謡曲、 ダンスなどなど。多彩なプログラムでした。 会場は小学校の講…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初時雨

先月飛来した季節はずれの黄砂も 昨日の雨で洗われて、空気も緑も きれいになりました。 翡翠(かわせみ)も朝日に美しく 輝いていました。 が、それも朝方だけのこと。 お昼前から雲が広がり、冷たい風が 吹き始めました。時折雨が降ります。 晩秋といいますか初冬といいますか。 寒い季節の到来を告げる時雨です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第61回 正倉院展

今年も拝見できました。正倉院展。 これまで、朝一番に入場するようにしてきましたが、 観覧者の増加で大変に混雑するようになりましたので、 今年は作戦を変えて夕方に行くことにしました。 日曜日は観覧時間も1時間延長になりますし、 団体も規制するとのことですし、期待して 出かけました。折悪しくというべきか、 お誂え向…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more