歳末能

「露をも宿す月影に  重ねて落つるもみじ葉の  色にも交じる塵泥(ちりひじ)の  積もる木の葉を掻き集め  雨の名残と思はん」 (『雨月』) 晴れているかと思えば 冷たい驟雨が降り注ぎ、 やがてまた明るい日差しが戻る。 そんな繰り返しの一日でした。 京都に冬の訪れを告げる時雨です。 多く落葉した中に、ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more