寧楽逍謡 第五回

京都芸術センター主催の素謡の会、 「寧楽逍謡」(ならしょうよう)。 六回シリーズで、今夜は第五回。 曲は『葛城』でした。 地名は「かつらぎ」。阪神の選手の名前も「かつらぎ」。 でも謡の曲名は「かづらき」。濁点の位置が違います。 雪の曲。詞章も素晴らしいですし、節がこれまた 誠に流麗。作者は金春禅竹に影響を受けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日のなかで微笑んで

朝焼けは、天気の崩れる徴(しるし)とか。 実際、昼頃から雲が広がり、夜には 本降りとなりました。 花も紅葉も無かりけりの季節ですが、 小さな花を付けている潅木がありました。 有り難や、ありがたや。 朝日と共に、身と心を温めてくれます。 旧暦〔神無月二十四日 十一月節大雪〕 ※ブログ移転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more