若手能

画像
「GALLERY
  はねうさぎ」
から目と鼻の先、
京都観世会館へ
もう一つの若人の
挑戦を観てきました。
第15回 能楽若手
研究会(京都公演)
通称「若手能」です。

上燗やさんの
謡ライブを今月の
7日(水)に控えた
田茂井廣道先生が
能「自然居士(じねん
こじ)」を舞われました。
この曲は、よく言われるところの
幽玄とは趣きを異にしています。
親の供養の為に人商人(ひと
あきびと)に身を売った童女を
連れ戻そうとする、自然居士の
活躍を描いた筋立て。

童女を連れ帰るのと引き替えに
商人に見せる、中之舞・クセ・
ササラ・鞨鼓(かっこ)という
芸尽くしが見どころです。

見所(けんしょ:客席や観客のことを
このように呼びます)も若い人が
多く、清新な雰囲気の会でした。
ただし、老若男女を問わず、ケイタイの
電源は必ず切ってくださいませ。

"若手能" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント