テーマ:上燗や

15周年

先斗町の酒坊「上燗や」さんが 開店15周年を迎えられ、お祝の 宴が催されました。 例によりまして一人一品ずつの 持ち寄り散財。中にはドーンと 鰤を提げてこられる方も。 金沢からの常連さんです。 飲めや歌えやと賑やかに 15周年を寿ぎました。 楽しいお酒で元気に年を 重ねていきましょう。 マスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再開で再会

夜中に雨が降ったようでしたが、 明け方には上がっていました。 音羽山が雲に呑み込まれています。 天気はゆっくりと回復して、 日暮れにはきれいな夕焼けが見られました。 東山の「将軍塚」からの眺めです。 夜は先斗町の「上燗や」さんへ。 さる仔細あって暫く営業を休んでおられましたが、 明日から一月半振りに再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エボニー アンド アイボリー

陶器まつり連戦の結果、私の両腕は 肘の上下で色が変わってしまいました。 上がアイボリー、下がエボニーです。 打ち上げも兼ねて久し振りに 先斗町の「上燗や」さんへ。 カウンターには、ししとうと賀茂茄子が 飾られていました。 こちらは今日の一品、長茄子。 焼いて皮を剥き、おだしに漬してあります。 焼き海苔が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14周年

夜中よく降った雨も朝には上り、 お天気が急速に回復しました。 先斗町の「酒坊 上燗や」さんが 目出度く14周年を迎えられました。 今夜はお店をクローズにして コアメンバーによる持ち寄り散財。 「しんちゃん」こと楠木信一さんの 演奏もあり、飲めや歌えの大酒盛りで お祝をしました。 マスター、綾子さん、スタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年会 其の四

♪鍋は夜更け過ぎぃに~ ♪蕎麦へと変わるだろうぉぉぉ   さいでんな~ほうでんな~ 新春吉例、先斗町 上燗やさんの新年会でした。 お鍋には、かしわ(鶏肉)・豚肉・春菊入り餃子・ 白子・薩摩揚げ・白菜・水菜など盛り沢山。 ささめうどんと蕎麦は、ご実家が製麺所を されているチューバ奏者さんが 持ってきてくださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13周年!

先斗町の酒坊「上燗や」さんが開店13周年を 迎えられ、お祝いの会がお店で披かれました。 本当のお誕生日は5月4日ですが、大型連休中の 掻き入れ時ということで本日の開催となりました。 会費制でお酒は飲み放題、肴はお客さんの 持ち寄りという、いつものスタイル。 しんちゃんこと、楠木信一(くすきしんいち)さんの ライブもあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれもこれも

快晴のち曇り一時雨のち快晴。 目まぐるしく変わるお天気のもと、 先日ご紹介しました「第4回 びんが会展」を 拝見して来ました。女性ばかりの会ですので、 作品も作者も、そして会場全体が華やかな 雰囲気に溢れていました。ひきかえ私の会は いつも愛想が無いなあ(笑)と反省。 せめて身ぎれいにしておかなければ、ということで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上燗や芸術大賞

新年会其の三は、恒例の「上燗や新年会」でした。 一昨年からこの席上で授与されるようになった 「上燗や芸術大賞」。前年、芸術・文化の世界で 大きな業績を挙げた(そしてお店の業績にも貢献した?) 人を一名、顕彰するものです。 その栄えある大賞に、今年は不肖私が選ばれました。 写真は記念メダルです。下は同裏側。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲み納め

上燗やさん、年内の営業は今日でお仕舞い。 連れ合いと飲み納めに行きました。 家の用事もいっぱい有りますが、 そこはグッと目をつむって…。 先斗町はいつもに増して大勢の人で 賑わっていました。お正月を京都で、 という方も多いのでしょう、お店の前に 出されているメニューを熱心にご覧に なっている姿が目立ちました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上燗や 謡ライブ

「音霊(おんたま)の挑戦シリーズ」Vol,9 シテ方観世流の田茂井廣道、味方團の 両師と太鼓方観世流の井上敬介師のご出演。  独吟『柏崎』 田茂井廣道  「太鼓のお話」 井上敬介  一調『遊行柳』 田茂井廣道 井上敬介  一調『野守』 味方團 井上敬介  「みんなで謡いましょう」 『猩々』  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎゃらりい ひるげえと

先日ご紹介しました「水上勉先生 三回忌追悼展」を拝見しました。 ギャラリーの看板は水上勉の手に なるものです。 午後6時から、「父の思い出」と題して ご長女の水上蕗子さんのギャラリートークが あるとのことで、それに合わせて参りましたが 満員札止め…。甘かったです。 修了後、大勢のお客さんが出られるの待って 入場…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歌仙会と甲子園

歌仙会は夏のお稽古会。通常の 紋付ではなく、先生方はじめ参加者 全員浴衣ですので、浴衣会とも。 かつて(現在もあるかも知れません)、 玄人の先生方の間で素謡を36番、 朝から晩までかけて謡い通す特訓が あったそうです。三十六歌仙にちなんで 歌仙会。名前は雅やかですが、 内容はかなりハードですね。 素人の夏の稽古…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しんちゃんライブin上燗や

しんちゃんこと「くすき しんいち(楠木信一)」の ライブが、定休日の上燗やをオープンにして 開催されました。 生ギター一丁にブルースハープかカズー。 頭をバンダナで包んで歌い始めれば、 どこでもそこがステージに。 吟遊詩人というか、旅人の雰囲気を身に纏い。 フォークソングと言っていいと思いますが、 自作曲多数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐々木酒造

京都のお酒といえば「伏見」がまず 思い浮かびますが、江戸時代から 明治にかけては京の町中、すなわち 「洛中」にもたくさんの造り酒屋さんが あったのだそうです。 現在では三軒だけになってしまっている そうですが、その中の一軒「佐々木酒造」の 専務さんをお迎えしてお話を伺おうという会が、 先斗町の「上燗や」さんで開か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「上燗や」十二周年

先斗町の上燗やさんが、五月四日に 開業十二周年を迎えられました。 干支がひと回りしました。 戌年生まれだったのですね。 今日はお店をCLOSEにして 記念パーティーが開かれました。 常連さんの中でもヘビーユーザーと 云いますか、コアなお客さんが集まり、 写真は二回目の乾杯をしている処です。 一緒に齢(よわい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言う者は知らず 知る者は言わず

一日中、五月らしい爽やかなお天気でした。 昨夜は打ち上げで久し振りに上燗やさんに お邪魔しました。 連れ合いと二人で行く予定でしたが、 個展時の興奮状態が続いていましたので、 前から一度ご一緒したいと思っていた方を 勢い余ってお誘いしてしまいました。 お蔭でとても楽しく賑やかに過ごさせて いただきました。でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動かない

昨19日に上燗やさんで「しんちゃん」こと 楠木信一さんのライブがありました。 アコースティックギターの弾き語りで、 「サイモンとガーファンクル」の曲などの 替え歌を歌われるのですが、 ええんですわ、これが。 前からファンなので行きたかったのですが、 私はさすがに叶わず、連れ合いだけ出掛けました。 そして私の作品につい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第四回 上燗や謡ライブ

「梅春を寿ぐ能ライブ」 というサブタイトルにて。 ご出演はおなじみの、 シテ方観世流の 田茂井廣道・味方團、 ワキ方高安流の原大、 笛方森田流の左鴻泰弘の 各師に加え、今回は狂言方 大蔵流の茂山良暢師も 参加されました。 お客さんの定員は変わらないのに、 出演者が増えたらギャラが減るの では、といらぬ心配をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌手デビュー?!

今日も一日ぐずついたお天気。 でも暖かくなりました。 来週の23日に、老人福祉施設で 私の歌(謡ではなくて歌謡曲です)を 皆さんに聴いて頂く事になって います。その下見と打ち合わせに 行って来ました。ボランティアで 公演ということなのですが、 う~ん、いいのでしょうか、 本当にわたくしで。 上燗やさんは、普段はき…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

利き酒会

昨日の記事に、吉田神社参拝記を 追加致しました。お読み頂ければ 幸いです。さてさて、今日も今日とて 友人宅にて「利き酒会」という名の 飲み会に行って参ります。 まずはお酒を仕入れに。 六条通の河原町と烏丸の中間に あります、「六條名酒館 タキモト」さんへ。 日本各地の地酒を取り揃えておられます。 蔵元の信頼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春大吉

どうにか予定の工程を 仕上げる事が出来ました。 これから心置きなく 吉田神社に出掛けてきます。 参拝の後は上燗やさんへ。 名物の「しょうゆ豆」を (歳の数←無理)食べましょう。 詳細は後日に。 行ってきました、吉田神社の節分大祭。 午後一時に福引きの抽選が行われた 後は行事もなく、私達が着いた四時頃は もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上燗やさんの新年会

今日は上燗やさん恒例の新年会でした。 お店をCLOSEにして、常連さんが 一品持ち寄りで飲んで騒ぎます。 常は一見さんと常連さんを分け隔て されないお店ですが、年に一度だけの 常連客優待Dayです。 ほぼ毎年参加させて頂いています。 お客さんの顔ぶれを見ますと、 新年会のご常連あり、新人さんあり、 雪の金沢から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初上燗や

三日から営業されている「上燗や」さんへ 行ってきました。お能関係の方達と、 ささやかな新年会でした。 今日からは、と昨日までは思っていましたが、 夜にお楽しみがあるというと気もそぞろで 一日が過ぎてしまいました。 マスターもアヤコさんもバイトのこだまちゃんも 元気な笑顔で迎えてくださいました。 今年も美味しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謡ライブin上燗や Vol.3

観世流シテ方の 田茂井廣道、 味方團(まどか) 両師ご出演の ライブの三回目。 回を追うごとに 盛り上がりを 見せています。 カウンターの中に 入って立ち見(聴き?) されていたお客様も いらっしゃいました。 前回同様、特別ゲストに 森田流笛方の 左鴻(さこう)泰弘師、 高安流ワキ方の 原大(まさる)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

謡ライブのつづき

当日書き切れ なかった、 原大師の 「道成寺」の ワキ語りに ついてです。 「複式夢幻能」と 呼ばれる能の 形式では、シテ (主役)の役柄や 装束が替わるため いったん中入りをします。 その間に当地の人が現れ、 一曲のモチーフであるその土地に まつわるエピソードを 旅の僧に問われるままに、 あるいは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謡ライブin上燗や Part2

田茂井廣道先生 プロデュースに よる催しの 第二回目です。 ゲストは前回と 同じく、観世流 シテ方の 味方團(まどか)師。 今夜はさらに スペシャルゲスト として、高安流 ワキ方の 原大(まさる)師、 森田流笛方の 左鴻(さこう)康弘師を お迎えしての豪華ラインナップ。 『融(とおる)』の「名所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サライ仲秋特大号

このところ ゆく夏を惜しんで 少しおセンチに なっていましたが、 九月に入って 今日はまた 真夏に戻った ような蒸し暑さ。 汗が引かないので 何度もTシャツを 換えました。 本日発売の雑誌「サライ」は 「錦秋の京都」を大特集。 別冊付録の「携帯版  京都 美味処65軒」に 先斗町の「酒坊 上燗や」さん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

謡ライブin上燗や

「梅雨明け十日」 梅雨が明けると しばらくの間 安定した晴天が 続く事を、そんな ふうに呼びますが、 その言葉通り、 連日の好天。 夕立もないので、 地面が冷めないうちに また日が昇り、 日々最高気温が 更新されていきます。 今日の京都は 36,3℃。 暑い京都で熱いライブ。 先斗町の居酒屋「上燗や…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

朝までカラオケ

久し振りにやって しまいました…。 ちょっとは歳を 考えねば。 昨夜は上燗やさんで、 例によって最後 まで飲んでました。 残ったのが ウチ二人と 「素晴らしきカラオケ 仲間」のT氏。 お店を出た後、足は 必然的にカラオケボックスへと。 受け付けのお兄さんに、 「只今、2万曲しかないお部屋のみですが。」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿酔

昨夜「義経を謡ふ」の 終演後「上燗や」さんへ 行ってしたたかに 呑みましたので、 今日は夕方まで 二日酔いでした。 今日の作業は 「削り」でしたが、 ロクロが回ると 目も回って 気持ち悪かったです。 夕方には復活して 晩酌にビールを おいしく呑みました。 上燗やさんでは例によって「銀嶺 立山」の …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more