テーマ:工藝

神戸 泣いてどうなるのかぁ~

明日から始まる「生活工芸展」の搬入・陳列に 神戸三宮の「ギャラリー ミウラ」へ参りました。 今年は小鳥を香炉や花生に留まらせました。 その一つに小島さんの工房に咲いていた 山茶花を頂戴して合わせてみました。 小鳥が花を見上げているようですねと、 ご一緒の方が作業の手を止めて おっしゃってくださいました。 「生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生活工芸展in神戸

椅子作家の小島 優(あつし)さん主宰の「生活工芸展」。 隔年で参加させていただいておりまして、今年は当たり年。 毎回色々なジャンルの工藝作家さん達とご一緒できて、 楽しみな展示会です。 今回は小島さんの他に、織物の小西 美代子さん、 ガラスの新居 百合子さん、螺鈿のchogoroさんとの競演です。 会場は神戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謡本の着物

仕舞のお稽古に必要な物は 扇と白足袋です。謡のお稽古に 必要な物は扇と謡本です。 両方をお稽古する場合は、この 三点セットを持ち歩くことになります。 ちゃんとした方はちゃんとした袋に それらお道具を入れておられますが、 私はと言いますと、扇だけは専用の 袋に入れておりますが、足袋はお稽古を 始めて11年ずっと同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の流れをともに

延壽堂ギャラリー ソフォラにて開催しました 吉田桂子さんとの二人展「 ~時の流れをともに~ 」。 無事に千秋楽を迎えました。 ご来場くださいました皆さま、 本当にありがとうございました。 織というお仕事。 糸を紡ぎ、染め、経糸を機に掛け、 横糸を通して織り上げる。 気の遠くなるような手間をかけて 造りだされ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ひなまつり」便り

内田裕子さんから 催しのご案内を頂きました。 南禅寺畔の「うつわや あ花音」さんの企画展、 「2008 あ花音劇場 第一幕」-『ひなまつり』。 11名の作家さんが出品されるそうです。 藤平寧さん三穂さんご兄妹のお名前も ありますね。 南禅寺、岡崎公園散策の折に立ち寄られては いかがでしょうか。3月3日までです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ももぐさ

ここ2・3日、寒冷前線の通過とのことで、 雨は降って寒さは緩みましたが、 今日はまた冷え込んできました。 毎年「生活工藝展」を一緒にさせて 頂いている、木工の佃真吾さん情報です。 岐阜県多治見市の「ギャルリももぐさ」さんで 現在開催中の企画展、  百草冬百種展「京都から」  に出品されています。 佃さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOKYO弾丸ツアー Vol,1

夜行バスで早朝に新宿着。 朝のゴールデン街を散策して銀座に移動。 「ワコール銀座アートスペース」で開催中の 「グループももけ 第3回 グループ展」に参上。 京都造形大学 通信教育部 染織コースの 卒業生9名によるグループ展です。 銀座初登場、おめでとうございました。 台風接近中の荒れ模様の天候の下、 千駄ヶ谷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打ち上げ

山鉾巡行の17日に千秋楽を迎えた 本年の「生活工藝二人展」。 相方の佃さんと祝杯を挙げました。 私の連れ合いも参加して、 例によって先斗町の上燗やさんへ。 午後8時頃から始めて歌も歌わず(?)、 ひたすら飲んで食べて語り合って 深更に及びました。 佃さんと話していると共鳴することや 刺激されることが多く、良い方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終日

大丸京都店にて二週間に亘って 開催いたしました佃真吾さんとの 「生活工藝二人展」。 本日無事に最終日を迎えました。 梅雨の最中、また台風接近中にも 拘りませずご来場くださいました 多くの方々に心より篤くお礼 申し上げます。 初日にスーツを着て行ったのに ベルトを忘れてしまい、紳士雑貨の バーゲン売場で急遽購入した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンコンチキチン コンチキチン

大丸京都店6階 美術工芸売場を会場に、 木工の佃さんとの「生活工藝二人展」が始まりました。 平日で、生憎の梅雨空にもかかわらず 大勢お運び頂きまして有難うございました。 大丸さんが面する四条通の歩道には 山鉾の駒形提灯をイメージした飾り付けが されて、祭ムードを高めています。 すぐ近くの長刀鉾町の会所ではお…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

生活工藝二人展

毎年恒例となりました、木工の佃真吾さんとの 「生活工藝二人展」。今年は大丸京都店6階の 美術工芸売場にて、来る7月4日(水)より 17日(火)までの日程で開催させて頂きます。 毎年会場が変わるこの二人展。今回は 大丸さんでさせて頂くことになりました。 光栄でございます。 時しも頃は祇園祭。場所も長刀鉾のすぐ近く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「粂川悟志・矢嶋有理子 二人展」

当ブログでも何度かご紹介しました、木工の 粂川さん、陶芸の矢嶋さんの二人展。 次回はお二人のスタートの場となった、奈良の 「ギャラリー 東大路」で開催されます。 お二人の作風には共に奈良のおおどかな空気が 反映されているようで、とても良くお似合いだと 思います。多くの方にご覧頂きたいです! 「ギャラリー 東大路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャラリーめぐり

怒涛の展覧会めぐり。 こんな日もあります。 更新が滞りがちで申し訳ございません。 書きたいことが多いのも困りもので、 手が追いつきません。どうぞ気長に お付き合いくださいませ。 まず最初は、京都高島屋6階 グランドホールにて開催の 「日本伝統工芸展」へ。 木漆工芸・竹工芸・人形・染織・金工・陶芸。 各分野の高…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西陣織会館

さる仔細あって、上京区は堀川通今出川下ルの 「西陣織会館」を初めて訪れてまいりました。 立派な建物に立派な石碑。 「村雲御所跡」の碑も隣に建てられています。 村雲御所は日蓮宗の尼門跡寺院「瑞竜寺」 (近年近江八幡市に移転)の異称とのこと。 時間がありましたので、中を見学させて頂きました。 2階の展示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸紅コレクション

総合商社・丸紅株式会社が蒐集した美術品の 展覧会が京都文化博物館で開かれています。 展示されている「淀君の辻が花小袖」の復元に 携わられた大津市坂本の山崎隆さん京さん ご夫妻よりご案内を頂きました。 4月13日からひと月半の会期なので、安心して いましたが、気が付けばあと1週間!あわわ、です。 山崎さんご夫妻は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれもこれも

快晴のち曇り一時雨のち快晴。 目まぐるしく変わるお天気のもと、 先日ご紹介しました「第4回 びんが会展」を 拝見して来ました。女性ばかりの会ですので、 作品も作者も、そして会場全体が華やかな 雰囲気に溢れていました。ひきかえ私の会は いつも愛想が無いなあ(笑)と反省。 せめて身ぎれいにしておかなければ、ということで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回 びんが会展

女性だけの職人グループ「びんが会」さんの第4回の展覧会が 来る4月27日(金)から30日(月・祝)の会期で、 四条西洞院東入ルの「四条京町家」にて開催されます。 かつては男社会だった職人の世界も 女性の存在が普通のこととなってきました。 木彫・指物・竹工藝・仏像彫刻・漆造形・陶藝と、 様々なジャンルの方が集まって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川靖弘・小川裕恵 -染展-

春は展覧会の季節。ご紹介を続けます。 小川ご夫妻の「染展」が「祇をん 小西」さんで 開催されます。 お二人とお出会いしてから二十数年に なりますが、鴛鴦夫婦ぶりはその頃から 今に至るまでお変わりになりません。 同じお仕事で夫々が作家として活躍されて いるのは稀有なことかと思います。 私ならたぶんケンカが絶えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粂川悟志・矢嶋有理子 二人展

先日、大阪・本町のギャラリーで拝見した 木工の粂川さんと陶芸の矢嶋さんのお二人が、 今度は地元の奈良で展覧会を開催されます。 期間は4月17日(火)から23日(月)まで。 会場は当麻寺に近い「ギャラリー 文晃堂」さんです。 酒蔵を改装されたギャラリーとのこと。 能『當麻』の舞台でもあり、駅前のお店の ヨモギ餅も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「craft & art 展」 in 尾道

「ノキロ アート ネット」さん、春のおでかけイベントの ご紹介です。4月19日(木)から5月22日(火)まで、 尾道の「life style」さんにて「craft & art 展」 -心にやさしいカタチ-を開催されます。 JR尾道駅に程近い生活雑貨のお店「life style」さん。 こちらを会場に京都をはじめ各地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粂川悟志・矢嶋有理子二人展

木工の粂川悟志さん、陶芸の矢嶋有理子さん。 ともに奈良在住のお二人による作品展が 大阪中央区本町の「GYLLERY TY NANT」にて 開催されています。 予報通り朝方は冷え込みましたが、雲ひとつ無い 好天。昼間は暖かく過ごし易い一日でした。 京阪電車と大阪市営地下鉄御堂筋線を 乗り継いで会場へ向かいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「京都 匠 倶楽部」春号

冬に逆戻り、といいますか暖冬の帳尻を 合わそうとしているような寒さ。 今朝は北山から愛宕山にかけて うっすらと雪化粧しました。 それでも本屋さんの雑誌コーナーには 春の京都特集が花盛り。 講談社MOOKの「京都 匠 倶楽部」も その中の一冊です。 特集は「春爛漫匠の技」。 伝統工芸や伝統芸能、お料理お菓子の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Diary of my chairmaking」のご紹介

椅子作家の「小島 優(あつし)」さんのブログ 「Diary of my chairmaking」をご紹介いたします。 小島さんは十代で単身渡英し、椅子職人の師匠に 付いて修行をされました。イギリスの伝統的な デザイン・技法を踏襲しながら、日本人の体格や 生活様式に合わせた作品造りに励んでおられます。 食卓用をはじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V.A.

10月22日、和食器と雑貨のお店 「V.A.」がオープンしました! インターネット上で私の作品も 紹介してくださっています。 東京で店舗を構えられる予定ですが、 先行してWEB上にサイトを開設して 営業を始められました。女性の店主さんらしい 美しくて使い勝手のよさそうな器が、焼き物・ 漆器をはじめ沢山揃っています…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「奈良の作家による工芸展」

奈良東大寺畔のギャラリー 「五風舎」さんから企画展のご案内を いただきました。 「五風舎」は東大寺大仏殿の西、 戒壇院から南へ少し下がったところに あります。江戸時代後期に建てられた 町家をほぼそのままの姿でギャラリーとして 公開されています。 秋の奈良は殊に素敵です。 鹿と紅葉は出合い物ですし。 奈良国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーモニウム

我家のお隣さん「森田ピアノ工房」で 「ハーモニウム」という珍しい鍵盤楽器の 製作が佳境に入っています。 ハーモニウムは足踏みオルガンの一種。 一般のオルガンが空気を吸い込んで音を 鳴らすのに対し、こちらは空気を吹き込んで 音を鳴らす方式だそうで、本場ヨーロッパでも 最近は作られなくなっている楽器だそうです。 ひと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「陶・織・木 工芸展」のご紹介

昨年「水彩・木・陶 三人展」を一緒にさせて頂いた 木工の平松源さんが、今年も京都にお目見えです。 今回のメンバーは他に陶芸の籠橋宗範、 織物の秋道恵子の両氏です。 会場は昨年と同じ、「生活空間ぱるあーと」。 10月17日(火)から22日(日)の会期で、 11時から18時まで。最終日は17時までと なっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グループももけ」第2回グループ展

同時代ギャラリーで「グループももけ」さんの 展覧会を拝見してきました。 六月二日の記事でご紹介しました奈良の 出村さんの作品は絣の技法を用いた タペストリー。 原寸大のデザイン画を描いて、それを元に 縦糸横糸をそれぞれの模様の部分ごとに 縛って防染しては染めるを繰り返し、 そうして染め上がった糸を機に掛け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「グループももけ」

女性ばかりの染織家集団 「グループももけ」の第二回展の ご案内を頂戴しました。 メンバーで奈良市在住の出村実英子さんとは、 「五風舎」でお知り合いになりました。 とても上品な色遣いで、自然な風合いを 大切にした作品を造っておられます。 質感を大事にされるのは、小生の仕事にも 通じるように感じております。 …
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

石浦一代さんのガラス

石浦一代さんのガラスの作品展を拝見に ノキロさんに行ってきました。 無いものねだりですが…。 同じ窯業でも、ガラスは透明な物が 造れるからいいなあと、思うことがあります。 石浦さんの作品を拝見すると殊にです。 百聞は一見に如かず。 ディスプレーも素敵ですね。灯ともし頃の ノキロさんの店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more