テーマ:日記

お誕生日

レッサーパンダ型枕の「レッサー」(そのまんま)が うちへ来て一年になりました。いつ製造されたのかは わかりませんが、取り敢えずうちに来た日を お誕生日ということに定めてお祝いをしました。 以前はペットに服を着せたりする人の気持ちが 全然解りませんでしたが、最近ではその人達に 負けず劣らず溺愛しております(苦笑)。 …
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

東京へ

ライブ終了後、京都駅へ移動。 お店の定休日とあって応援に 駆けつけてくださった上燗やの マスターと連れ合いと三人で 打ち上げ第一弾。 ビアレストランで四時半頃から 六時半くらいまでウダウダと 過ごしました。 なぜに京都駅かと申しますと、 夜の十時四十分発の夜行バス 「青春ドリーム東京号」に乗り ますので、それま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釉掛け(くすりがけ)

久し振りに良いお天気、 と思いきや夕方に軒から しずくの垂れる音が。 窓を開けてみるとまた雪が…。 比較的気温が高いのでしょう、 落ちてすぐに融けていましたが。 今日は釉掛けの日です。 昨日素焼きしたものに釉薬を 掛けます。釉薬は粉末を水で 溶いたものを使用します。 素焼きの素地は、水分や 有機物が燃え飛んでま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おぬしも悪よの~

朝からどんよりとした曇り空。 寒さは緩みましたが時折り 小雨がぱらぱら。午後から 少し明るくなって青空も のぞくようになりました。 明日からはまた寒波が 来るそうです。 灯油が高いですね~。 もともと原油が高騰していたとこへ さしてこの寒さ。需要が増えれば 価格が上がるのが資本主義の 原則。例年の倍近くしてます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪のち雨

昨日の「利き酒会」に記事を 追加致しました。 さて、今日は午前中粉雪でしたが、 昼過ぎから、みぞれ、 そして雨に変わりました。 気温がやや上がったからでしょうが、 ものすごく冷たい雨です。 氷雨(ひさめ)ですね。 昨夜はしたたかな呑み様で、 後半は記憶も覚束ないのですが、 とても楽しかったので、あまり 今日まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利き酒会

昨日の記事に、吉田神社参拝記を 追加致しました。お読み頂ければ 幸いです。さてさて、今日も今日とて 友人宅にて「利き酒会」という名の 飲み会に行って参ります。 まずはお酒を仕入れに。 六条通の河原町と烏丸の中間に あります、「六條名酒館 タキモト」さんへ。 日本各地の地酒を取り揃えておられます。 蔵元の信頼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春大吉

どうにか予定の工程を 仕上げる事が出来ました。 これから心置きなく 吉田神社に出掛けてきます。 参拝の後は上燗やさんへ。 名物の「しょうゆ豆」を (歳の数←無理)食べましょう。 詳細は後日に。 行ってきました、吉田神社の節分大祭。 午後一時に福引きの抽選が行われた 後は行事もなく、私達が着いた四時頃は もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほんに今夜は節分か

「月も朧に白魚の 篝も霞む春の空」 といきたいところですが、午後から 北風が強まり真冬に逆戻り。 各地で雪も降っているようです。 「つめてぇ風もほろ酔いに  心持ちよくうかうかと」いうには 冷た過ぎます。 吉田神社では、午後十一時頃から 火炉祭が行われ、古いお札や 注連飾りなどのお焚き上げを されたはずですが、見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

節分イブ

四日ぶりに晴れました。 お日様は四日分まとめて 明るくなりました。 そこはかとなく春の気配が。 そう云えば明日は節分、 明後日は立春ですね。 今日は一日削りでした。 ロクロで水挽き(みずびき)成形 したものを、持ち上げても形が 変わらないぐらいまで乾かして、 それを帯鉄から自作したカンナで 削って形を整えます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も雨

三日連続の雨降りですな。 静電気も心配いりませんし、 暖かくて助かりますが、 暗いのでかえって冬籠りの 感じが強まるようです。 血圧の低い私は 頭も曖昧模糊としています。 石膏型を作りました。 粘土で原型を造って、その周囲を 粘土の堤防で囲んで石膏を 流し込みます。石膏はセメントと 同じで、粉末状のものに水を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋は今日も雨だった

昨年3月11日に「ワインドリバース」の ライブを聴きに行って以来、久々に 名古屋へ行ってきました。その時も 雨でしたが、今日も雨でした。 前にも書きましたように、4月25日から 5月1日まで、三越名古屋栄店6階の 美術サロンというところで個展を させて頂くことになりましたので、 会場の下見を兼ねて、担当の方に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨音

昨日の朝は快晴でした。氷が張り、 畑は霜で真っ白。風も無いので 昼間は気温が上がりました。 今日は一転して朝から雨降り。 湿り気を帯びた暖かい空気が 気持ちをいっそう物憂くさせます。 昨夜ちょっと飲み過ぎたせいも ありますが…。量はそれ程では なかったのですが、内攻する お酒というのは残りますなあ。 今日さっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お稽古会そして解禁

お稽古会がありました。 写真は終了後の懇親会で行われた 恒例の「謡福引き」で引き当てました 「レッサーパンダ枕」です。とても 触り心地が良いです。ただ、私の 大きくて重い頭を載せるのは 忍びないので、抱いて寝ることに しようかと思います。 肝心の舞台の出来ですが…・。 普段のお稽古以上のことは できないのだし…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

メモリーの容量が不足しています

昨夜は友人のライブ、今日は観世会館の 林定期能(初回)に伺う予定でしたが、 週明けのアクシデントで仕事の段取りが 押してしまい、残念ながらどちらも キャンセルしてお仕事をしていました。 体調もいまひとつですし。 展覧会や音楽会、ライブにお能などなど、 観たり聴いたりすることは、自分にとって 陶器を造るのと同じように大…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

禁酒

今朝は良く晴れましたので、 たいへん冷え込みました。 学生の頃、札幌出身の友人が、 「京都は雪も無いのに どうしてこんなに寒いんだ?」 と憤慨していたのを思い出します。 昨日一日休んだおかげで、 少し体調が戻りました。 寝てばかりいられませんので、 朝からノソノソと始動。 昼下がりの、寒さがましそうな 頃を見計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひねもすのたりのたりかな

今日も体調すぐれず、 一日ダウンしておりました。 飲みすぎ食べ過ぎで弱った胃腸に、 風邪の神さんがつけこんだんでしょうか。 昨年、岡崎の「聖マリア教会」で行われた 「まりあ寄席」で、桂米二さんの 『風の神送り』という落語を聴きました。 「風邪の神は人間の弱みにつけこむ」 というのが、重要なフレーズの噺です。 昔は日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またまた雪

東京も大雪だったようですが、 京都も朝から降り出して、少し積もりました。 寒気の張り出しは収束して暖冬傾向に なるという、つい先日の予報でしたが、 どっこい問屋が卸さねえ、様子です。 すぐに小降りになって、お日様も顔を 出しましたので、昼前には融けてました。 近年こんなに雪の多い冬は珍しいですね。 昔というか、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河村定期研能会(初会)

昨年十二月十九日にご紹介しました通り、 http://gekkasui-mokkindou.at.webry.info/200512/article_22.html 観世流シテ方、河村隆司師の「観世寿夫賞」受賞記念の 演能が行われました。あの日読めなかった『誓願寺』の小書き 「乏佐之走」は「ぼさのかけり」と読むことも判明しま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

観世蛍雪会

「京都観世蛍雪会(146回)」を 拝見してきました。 京都観世会主催のメインの会は 年10回の、「観世会例会」です。 これを一軍とすると二軍の試合に 相当すると申せましょうか。 年に4回、若手から中堅の先生方が 能のシテとして出演されます。 三軍もありまして、これは年2回、 「観世青年研究能」です。 (2007年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

散髪

今日も寒かったですが、昼間は 日差しがあって、割りと穏やかでした。 久し振りに「リヤン」さんに行って、 髪を刈ってもらいました。 美容室なので「散髪」は変ですが、 私はバリカンで刈ってもらいますので、 そう呼ぶ方が自然です。 早い話、丸刈りなのですが、 さすがにそこは美容室です。 機械的に同じ長さに刈り揃える の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒波再来

しばらく寒気がゆるんでいましたのに、 今日はまた寒くなりました。 時折り粉雪が舞いました。 そんな天候のなか、久し振りに お客様をお迎えしました。 「ぎゃらりー柳水(りゅうすい)」の 小谷二郎(おだに じろう)さんです。 小谷さんのご紹介で、今年の四月に 名古屋三越で個展をさせて頂くことに なりまして、その打ち合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上燗やさんの新年会

今日は上燗やさん恒例の新年会でした。 お店をCLOSEにして、常連さんが 一品持ち寄りで飲んで騒ぎます。 常は一見さんと常連さんを分け隔て されないお店ですが、年に一度だけの 常連客優待Dayです。 ほぼ毎年参加させて頂いています。 お客さんの顔ぶれを見ますと、 新年会のご常連あり、新人さんあり、 雪の金沢から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釉薬(ゆうやく)

「上薬=うわぐすり」ともいいます。 同業者との会話では単に「くすり」と呼ぶことが 多いです。今日はその釉薬を調合する 「くすり合わせ」をしました。 水をはったバケツを用意しておいて、 粉末状になっている数種類の原料を 投入して混ぜます。雑物を取り除くため、 目の粗さの違う簁(とおし)で二回漉します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノキロさんの新年会

いつもお世話になっています、 nokiroさん主催の新年会に 参加させていただきました。 物造りの人達が大勢集まりました。 「nokiro-art-net」オープンして 二年足らずですが、人と人との netは着実に広がっているようです。 楽しかったのが「どうぶつビンゴゲーム」。 初めて見ました。数字の代わりに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅は咲いたか桜はまだかいな

今日は雨も上がり、気温も上がり、 穏やかな日和でした。 京都市美術館へ日展を観に行きました。 帰り道、「うつわ阿閑堂」へ寄って ご主人の中嶋さんに新年のご挨拶。 お向かいの「祇園饅頭」さんにも 寄って、いらした奥様にご挨拶。 「桜餅」を頒けていただきました。 もう桜餅?と思いましたが、置いてある 見本を見ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純米吟醸「竹泉」

到来物シリーズです。 お正月早早、お酒を頂戴しました。 兵庫県朝来市の「竹泉(ちくせん)」です。 地元産の酒米「雄町」を100%使用した 純米吟醸酒。端麗辛口と云ってよいと 思います。吟醸酒らしくフルーティー なのですが、とても華やかな風味でした。 丁度、連れ合いの実家からはホタテ貝の 妹みたいな二枚貝が送ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このところ、降れば雪でしたので、 ほんとに久し振りの雨が降りました。 寒さもゆるみ過ごし易かったです。 明日は四月並の気温になるとか。 極端ですね。京都は山間に少し 雪が残っているだけですが、 積雪の多い地方は雪崩の危険が あるとのこと。被害が出ないことを 祈ります。 写真は車の中から撮りました。 よく分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残り福の残り福

京都ゑびす神社=えべっさんに お参りしてきました。 一月十日が「十日ゑびす」、九日は「宵ゑびす」、 十一日が「残り福」。以前はこの三日だけの お祭だったように思うのですが、最近は 八日を「招福祭」、十二日を「撤福祭」として 期間を延長されているようです。 以前に勤めていました五条坂の「藤平陶芸」 から近いので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義経を謡ふ 第七回

本日は『船辨慶(ふなべんけい)』でした。 土佐坊昌俊の堀川夜打ちを切り抜けた 義経でしたが、ついには都を離れ西国に 落ち延びることとなります。摂津の国、 尼崎の大物(だいもつ)の浦に着いて、 弁慶が静御前を京へ追い返そうと するくだりが前半。後半は、義経主従を 乗せた船の前に現れる平家一門の 亡霊、中にも平知盛と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都造形芸術大学 自演会

第八回 京都造形芸術大学 能楽部楽心会の 自演会が、河村信重師の三回忌追善として 開催されました。 信重師は観世榮夫師と共に能楽部の創設時 から指導に当たっておられたそうですが、 平成十六年一月十日、惜しまれつつ 四十六歳で此の世を去られました。 現在は弟の博重師が志を継いでおられます。 現役の部員は六人と少…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more