テーマ:雑感

日蝕

「にっしょく」と聞いて、日食、日本食堂を 思われる「食べ鉄」もいらっしゃることでしょう。 日本の陸地で見られる46年振りの 皆既日蝕の日でした。 近畿地方でも80%程の蝕が観測できる との予測でしたが、昨夜から大雨洪水警報が 出される荒天で、期待は持てませんでした。 蝕が始まる時刻になっても厚い雲に遮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨空を切り裂いて

気象台の見立ては、やはり侮れません。 一昨日、関東甲信越地方が梅雨明けした 時に、近畿地方も明けたと思いましたが、 昨日午後から梅雨空が戻りました。 朝方までの雨は上がり、曇天の下 祇園祭の山鉾巡行が行われました。 カンカン照りよりも、参加者見物客 ともに楽だったかもしれませんね。 長刀鉾の長刀が梅雨空を切り裂いて 進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏は来ました

気象台の見解はともかく、 梅雨明けしたも同然のお天気。 日差しはジリジリと熱く、 風は乾いて気持ちよく感じます。 没交渉の小鷺と五位鷺です。 旧暦〔閏皐月二十三日 六月節小暑〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッタ

旧安祥寺川沿いの遊歩道。 一度きれいに刈られた草が またすぐに伸びてきました。 草の陰からバッタが一匹 出てきました。 繊細な体の造形と鮮やかな 色に驚かされます。 旧暦〔閏皐月十七日 六月節小暑〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小暑

昨日から今月二十二日まで、 二十四節気のひとつ「小暑」です。 手許の暦には「梅雨が明け始めて、 次第に暑さがきびしくなってくる時期。」 とあります。 梅雨末期のややこしいお天気の中、 京都では祇園祭の宵山や山鉾巡行が 行われ、夏の到来を告げます。 続く節気は「大暑」。清水焼団地の 陶器まつりが開催されます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕立

扇風機のカタカタと回るお稽古場で 汗を流していましたら、ゴロゴロドンと 神鳴りの音。俄かに暗くなったかと思うと ボタッボタッと大粒らしい雨音が聞こえてきました。 でも降ったのは少しの間で、直にまた 日が差すようになりました。 ムシムシと暑いことです。 背中はタオルを入れていますが、胸の方は 無防備ですので汗が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の挨拶

山椒の葉が主食の揚羽蝶の幼虫。 今朝は蛙とご対面。 角度を変えて。 何を想う二匹。 旧暦〔閏皐月十二日 五月中夏至〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛙の歌が聞こえてくるよ

今朝は珍しく気温も湿度も低く、 ちょっとヒンヤリ感じるぐらいで、 心地良く目覚めました。 いつもストレッチをする場所で 小さな蛙を発見しました。 体長1,5cmほどでしょうか。 オタマジャクシの頃はどんな 大きさだったのでしょうか。 見てみたいです。 この蛙が呼んだわけではないでしょうが、 天気予報は終日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛やら虫やら

今年の梅雨は夜の間に降って 昼間は晴れるパターンが多いですね。 蒸し暑くなるパターンです。 今朝も薄日が差す中、名残の露が 草の上で揺れていました。 新しく生まれた軽鴨の雛を発見。 必死に親鴨に付いていく様子が微笑ましいです。 元気に育ってほしいです。 虫が苦手な方はご注意ください カミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の風景

最近の天気予報はよく当たりますね。 朝方は良いお天気で風も爽やか。 ほんとに雨が降るのかなと思っていましたが、 しだいに雲が広がって正午頃からパラパラと 予想通り雨が降ってきました。 旧安祥寺川沿いには 朝顔が咲き始めました。 梅雨の晴れ間に亀も甲羅干し。 こんなに大きな鯉もいます。 旧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラストサンデー

延壽堂ギャラリー ソフォラさんでの 「吉田桂子さんと二人展」も いよいよ終盤。 オープンと同時にお越しくださった方もあり、 終日お客様で賑わいました。 ありがとうございました。 抜けるような青空、強い日射し、 爽やかな風。梅雨時と思えない好天に誘われ、 お昼を食べに出たついでに鴨川まで行って みました。子供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒸し蒸し

今日も昨日に引き続き、午前中は雨、 午後は曇で時々晴の空模様。 京都、山科は盆地で空気が籠もり易く、 蒸し蒸し暑い暑いの一日でした。 先月30日の発表会以来のお稽古日。 常は三週間余も間が空きますと、 随分久し振りの感じになりますが、 今回は「ちまちま展」があったり、 染織の吉田桂子さんとの二人展が 始まったりと慌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッドサマー

今日は夏至。 朝から梅雨空が戻って生憎のお天気でした。 午後は薄日が差しましたので、湿気と熱気が 路面から立ち昇り、サウナの中を歩いている様。 吉田桂子さんとの二人展。延壽堂ギャラリー  ソフォラは終日賑わいました。三重や岡山からも お運びいただき、たいへん恐縮です。 ご来場くださった皆様、本当に有難うございました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜桃

ソフォラに来られたお客さまから さくらんぼを頂戴しました。 目が和み、舌が喜ぶ。 食べられる宝石のようです。 そういえば、昨日は太宰治の桜桃忌。 彼の誕生日でもある由。 玉川上水に入水したのは6月13日と されているとのこと。私の誕生日と同じですね。 だからどうということはありませんが。 旧暦〔皐月二十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その通り!

とある工事現場に掲げられていた標語。 その通り! でもそれが難しい! 旧暦〔皐月二十七日 五月節芒種〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイトルは「根無し草のよしなしごと」

5月9日の記事で書かせていただいたブログ。 ご友人からリンクのお許しを得ましたので 改めてご紹介いたします。 「根無し草のよしなしごと」です。 主は「まご」さん。 お能とお茶のお稽古をされていました。 美食家でお酒がお好きで、関東に住まわれながら、 京都先斗町の上燗やさんにも顔を出されて いたとのこと。 お茶を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残照

6月10日に梅雨入り宣言が出たものの翌日からは 雨が無く、ここ数日は好天が続いています。 今日に至っては入道雲に夕日が照り映えていました。 「ちまちま展」にご来場いただいた「宮津畫廊の裏日記」の ご主人が会場の様子を写真入りでレポートしてくださっています。 作者二人と共にマスコット人形の「アルフォンソ」くんも 写して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五十之賀

象潟や雨に西施がねぶの花 芭蕉 紫陽花と並んで雨の似合う合歓の花。 ちょっと空梅雨ですが。 今日は土曜日でお天気も良く、 三条通界隈は大勢の人で賑わいました。 ちまちま展会場にも沢山の方に お見えいただきました。 福井や宝塚からもお越しくださり、恐縮至極です。 皆様ほんとうに有難うございました。 夕刻か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なまず

旧安祥寺川で鯰と思しき魚影を発見。 3~40cmはあろうかという大きさ。 瓢箪で生け捕ってみましょうか。 旧暦〔卯月二十七日 四月中小満〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えびら

今だから言えるのですが。(という今は 2009年6月5日です。)インフルエンザ騒動で 「神戸まつり」が急遽中止になった神戸の 三宮・元町へ行ってきました。 30日の本番で仕舞『箙(えびら)』を舞わせて いただきますので、曲の舞台である生田を 訪れるためです。前から決めていて今日しか なかったのです。 元町商店街に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きで添えない

連休中に咲いていた お隣さんのバラの花です。 インターネットを介しての出会いというのは、 もう普通のことになってきていると思いますが、 ご縁を感じる出会いが昨日ありました。 関東在住のお能好きの方のブログに偶々 行き当たりました。お酒や美味しいものも お好きなようなので気になって読み進みますと 2007年…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

穀雨なり

音羽山は新緑で沸き立って見えます。 昨日から二十四節気の「穀雨」に 入りました。それに相応しいお天気。 草木が新しい葉を伸ばす時期に 水は欠かせません。恵みの雨。 田んぼにも水が張られて、田植えの 準備が始まりました。 旧暦〔弥生二十六日 三月中穀雨〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気は心

いわゆる、高気圧の後側に 日本列島が入ったということのようで、 お天気は下り坂。雨気(あまけ)で、 ちょっと動くと汗が出るくらい 蒸し暑く感じます。 ジンクスというほどのことはありあませんが、 もとより消防車が好きなので、町で関係の 車両を見ると何か良いことがありそうな 気分になります。 プロ野球選手をはじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花も妙なる法の庭

放射冷却現象で朝方はひんやりと しましたが、日中は初夏の陽気でした。 一昨年、95歳で他界した祖母の 三回忌を勤めました。 曾孫にあたる平成生まれの甥っ子を 見ていますと、こうして命というものは 続いていくのなだと改めて感じます。 旧暦〔弥生二十四日 三月節清明〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江の人と惜しみけり

プロ野球チームは阪神タイガースを 贔屓にしている私ですが、 選手個人としてはソフトバンクホークスの 「宗(むね)りん」こと川崎宗則選手のファンであります。 消防派出所に貼ってあったポスターを 思わず写してしまいました。 更新がすっかりご無沙汰になりまして 申し訳ございません。 三月中旬に桜の開花宣言が出たかと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞か雲か

朝からどんよりとした曇り空。ラヂヲから 「哲学の道」で桜が満開との知らせ。 土曜日ですから人出が多いことでしょう。 旧安祥寺川沿いの枝垂桜はやっと五部咲き。 曇天の花もまたいいものです。 春の色ですね。 楓の新芽が伸びてきました。 新緑も楽しみです。 明日から〔三月節清明〕です。 文字通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春うらら

風も無くうららかな朝。 日差しは穏やか。 音羽山は薄く霞んでいました。 冬枯れていた川の周辺も 春の色が増えてきました。 天気予報では、今日一日 お花見日和とのこと。 柳の糸も伸びてきました。 旧暦〔弥生八日 二月中春分〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年の四半分

一月は往ぬ 二月は逃げる 三月は去る。 かほどに早き光の陰をWBCが加速させた ようで、気が付けば今日からもう四月。 寒の戻りというべきか花冷えというべきか。 開花宣言が出てから寒い日が増えました。 それでもご近所の桜はめげずに咲いています。 旧暦〔弥生六日 二月中春分〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南から南から

今朝は幾分暖かかったものの、 風は相変わらずの冷たさでした。 寒の戻りで北に帰りそびれたか、 小鴨の番(つがい)が一組、 水に浮いていました。 一方、この春初めて燕の姿を見ました。 俊敏な動きはとてもカメラに納められませんが。 明日からはもう四月。足踏み状態といえど、 春は着実に近付いてきているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば涙と言おう

遅霜というのは何時頃のことを いうのでしょうか。今朝は快晴無風で 自動車のボディーには霜が降りていました。 日差しがあって風が無いということで、 昼間は気温も上がり、久し振りに 春めいた感じがしました。 旧安祥寺川沿いの雪柳は今を盛りと 咲きこぼれています。 三日続けて昔語りというのもなんですが、 昨日の千…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more