テーマ:音楽

オドリノヒ

日本のクラシックであるところの能の音楽を 普段に聴く小生でありますが、本日は久し振りに 西洋のクラシック音楽を聴いて参りました。 女性五人のコーラスアンサンブル「ミルカ」の ファーストコンサート、タイトルは『オドリノヒ』です。 グループの名前は「いっちょ、やってみるか!」 から付けられたとのこと。そういうノリ、わたし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛙のタンゴ

「にこら」さんでお蕎麦を堪能した後、 一筋西の通りにある「岩神ホール」で 開催された舞踊集団「唖撫驅(あぶく)」の ライブパフォーマンスを拝見してきました。 内容は私どもには筆舌に尽くし難いもので ありまして、ご覧頂くより他なしという処。 客席からは笑いと感嘆の声が 挙がっていました。 会場の「岩神ホール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲上の音楽

クラヴィス音楽研究所主催の 「チェンバロ音楽の精華」という 音楽会に行って参りました。 特別出演されたヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の 坂本利文氏にご招待を頂きました。 「オルティスコンソート」で演奏会をされる時は ルネサンス期の曲が多いのですが、 今日のプログラムはバロックでした。 本日使用されたチェンバロで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エラール ピアノ特別コンサート

1927年にフランスのエラール社が 製作したピアノによる演奏会が 大津のびわこホールで催されました。 この楽器を修復された森田ピアノ工房の 主催です。 演奏は渡辺達さんと平林紀子さん。 モーツァルトとシューマンの曲を ソロと連弾で聴かせてくださいました。 びわこホールの外観です。 琵琶湖岸に建てられ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラスと野球の素敵な関係

目覚めると外は霙(みぞれ)。 散歩は断念。素焼きは予定通り。 午後の1時半頃に焚き上る。 その間、削り屑を掃除したり 仕事場の整理。この時期 窯があると暖かくて嬉しいです。 それから連れ立って京都外国語大学 森田記念講堂へ高校生(一部中学生)達の ブラスバンドコンサート、「ぶらたま for you」 こと「ブラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オルティスコンソート定期演奏会 -No.18-

奈良キリスト教会を会場に、 オルティスコンソートさんの 古楽演奏会が開かれました。 今回のテーマは 「My Lady Greensleeves」 -シェイクスピアの世界- でした。 昨日は「淀君の小袖」、今日は 「緑の袖」と袖つながりです。 しか~も、時代的にもピッタシカンカン。 16世紀から17世紀にかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高槻ジャズストリート

5月3日・4日の両日、阪急高槻市駅・ JR高槻駅周辺の40会場にて、 「第9回 高槻ジャズストリート」が 開催されます。 この催しには以前、ジャズヴォーカルグループ 「BREEZE」が参加したことがあります。 本番には行けなかったのですが、 ライヴハウス「BIRD」で行われた、打ち上げを 兼ねたインドアライヴを聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファルソス・ヒターノスinバリバリ・インドネシア

昨日は三寿会の後、場所を四条京阪に近い 「バリバリ インドネシア」というお店に移し、 にせジプシーこと「ファルソス・ヒターノス」の ライブを聴いてきました。 ガットギターと無国籍歌謡担当の ヒデヨヴィッチ・ジェロニモノフ・ウエスギニッツァ 。 バイオリン担当の ショコーニャ・フィドリンスカヤ・ヨコヤマーノフ。 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファルソス ヒターノス

「にせジプシー」こと「ファルソス ヒターノス」が 木屋町三条下ルの「アバンギルド」でライブを敢行。 東欧バルカン半島に伝わる「チョチェック」という 音楽を引っ提げて活動を続ける、ギター&無国籍歌謡の ヒデヨヴィッチ・ジェロニモフ・ウエスギニッツァと バイオリンのショコーニャ・フィドリンスカヤ・ヨコヤマーノフ のいかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都フィルハーモニー室内合奏団 第148回定期演奏会

10月15日の記事でご紹介しました 京フィルのコンサートに行ってまいりました。 会場は京都コンサートホールの 「アンサンブルホールムラタ」。 総席数510で室内楽向きの小ホールです。 佐藤俊太郎氏の指揮により、最初は ワーグナーの「ジークフリート牧歌」。 壮大というイメージの強いワーグナーですが、 これは妻コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラスの煌き

このところ秋晴れが続いていましたが、 今日はどんよりと曇り空。 泣き出しそうな雲を吹き払うように 元気な音が響いていました。 夕方に、近くの京都市立勧修中学校の 前を通りかかりますと、グランドの方から ブラスバンドの音が聞こえてきました。 とても上手なのでフラフラと近づいて見ると、 生徒達がドリルの練習をしていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーモニウム

我家のお隣さん「森田ピアノ工房」で 「ハーモニウム」という珍しい鍵盤楽器の 製作が佳境に入っています。 ハーモニウムは足踏みオルガンの一種。 一般のオルガンが空気を吸い込んで音を 鳴らすのに対し、こちらは空気を吹き込んで 音を鳴らす方式だそうで、本場ヨーロッパでも 最近は作られなくなっている楽器だそうです。 ひと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

同志社ホザナコーラス

復活第2回、通算第51回の同志社ホザナコーラス 定期演奏会が開催されました。 昨年と同じ会場の京都市北文化会館に、 高校生と先輩諸氏が歌声を響かせました。 現役の皆さんは部員数が少ないので、 練習に運営にと、さぞかし大変だったろうと 思いますが立派な演奏を披露してくれました。 昨年に続きステージで歌える機会を持てて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にせジプシー

にせジプシーこと「ファルソス・ヒターノス」の ライブが木屋町三条下ルの「アバンギルド」で 行われました。 ギター&ボーカルのヒデヨヴィッチ・ジェロニモノフ・ ウエスギニッツァ率いる妖しげなバンド。 メンバーの変遷を経て今回はバイオリンの ショコーニャ・フィドリンスカヤ・ヨコヤマーノフと 二人で熱い演奏を聴かせてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しんちゃんライブin上燗や

しんちゃんこと「くすき しんいち(楠木信一)」の ライブが、定休日の上燗やをオープンにして 開催されました。 生ギター一丁にブルースハープかカズー。 頭をバンダナで包んで歌い始めれば、 どこでもそこがステージに。 吟遊詩人というか、旅人の雰囲気を身に纏い。 フォークソングと言っていいと思いますが、 自作曲多数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BREEZE

「BREEZE」(ブリーズ)、「そよ風」という名の ジャズコーラスグループのライブがありました。 場所は三条御幸町の「le club Jazz」 (ル クラブ ジャズ)。「ちまちま展」の会場で した「同時代ギャラリー」と対角の所です。 リーダーの小菅けいこさんは、連れ合いの 高校時代の同級生。芸大でクラシックの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリバリインドネシア

「ちまちま展」のタイアップイベント 「ヒデヨヴィッチ・ウエスギ ソロライブ」が 縄手通り四条上ルの「バリバリインドネシア」 というお店で行われました。 ギター弾きつつ熱唱するヒデヨヴィッチ。 黄色のシャツは、本来ドラマーで今日だけ ゲストパーカッショニストのアニキことイトちゃん。 「ジェロニモ・レーベル」ヴァー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘇ったピアノ

「探偵!ナイトスクープ」で岐阜の方の 依頼に応えて音の出なくなったピアノを 修復されたのが、ウチのお隣さん。 「森田ピアノ工房」の森田歩さんでした。 音が出なかったり、押したキーが戻って こなかったり…。直るのかなと案じて おりましたが流石です。四時間で音が 出るようになりました。もっとも歩さん 本人にお聞きしますと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オルティス コンソート

京匠会の搬入を済ませて、夕方から 「オルティスコンソート」の第十七回の 定期演奏会を拝聴に奈良へ出掛けました。 「オルティスコンソート」は、ビオラ・ダ・ガンバ 奏者の坂本利文さんが主宰されている 古楽器アンサンブルです。京都での ファミリーコンサートには何度かお邪魔 しましたが、奈良へオルティスコンソートを 聴き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中目黒・楽屋

東京お友達の店めぐり。第二弾は ライブとアジアンテイスト料理のお店、 「中目黒・楽屋(らくや)」さんです。 オーナーの増茂光夫(ましもみつお)さんは 元ライブハウス(大阪・名古屋などにも同名店が 有ります。その東京店)のPA担当。音響の スペシャリストです。ジャズボーカリストの 友人に紹介して頂いてからのお付き合い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌謡漫談ショー

先週書きましたように、デイケア サービスセンターにてライブ。 歌手デビューを果たして まいりました。 写真はセンターの職員さんが 手造りで用意してくださった 舞台背景です。感謝感謝! 曲は「憧れのハワイ航路」・ 「りんごの唄」・「お座敷小唄」・ 「お富さん」・「早春賦」・ 「野崎小唄」・「元禄銘槍譜 俵…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

観る音楽会

久し振りに西洋古典音楽の 演奏会に行ってきました。 「音とかたちの出会い ~伊砂利彦とドビュッシーを めぐって~」というタイトルの ピアノコンサートです。 ドビュッシーの『前奏曲集』 1・2巻合わせて24曲全曲。 演奏者は文筆家でもあられる 「青柳いづみこ」氏。 そしてその1曲1曲から想を得て 創作され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝言としての『第九』

「千秋楽は民を撫で 万歳楽には命を延ぶ 相生の松風颯颯の声ぞ楽しむ 颯颯の声ぞ楽しむ」(『高砂』) お能の会の番組は祝言曲で終わる というのがルールになっています。 哀傷曲で終わる場合は、地謡だけで 祝言曲のキリ(謡の最後の部分)を謡います。 これを「附祝言(つけしゅうげん)」といいます。 上の詞章はそれによく謡わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンドル・ライト・サービス

昨日に続き栄光館のお話です。 写真は玄関ロビーに飾られている ツリーのデコレーションです。 同志社女子部の建物ですので、 普段は女子中学・高校の礼拝や 講演会などに使われています。 クリスマスの頃には、 「クリスマス ページェント」という、 特別な賛美礼拝が行われ、 イエス・キリストが生まれた夜の 物語を音楽…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

OOH-LA-LA(ウー・ラ・ラ)

久し振りに「ジェロニモ・レーベル」のライブを 聴きに、西院のミュージック・カフェ、 「OOH-LA-LA(ウー・ラ・ラ)」へ出掛けました。 ギターとボーカルのヒデヨビッチ、 ドラムスのツダビンスキーの二人組バンド。 ロケンロールには珍しいメッセージ性の 強い曲造りの姿勢は不変です。 年齢を感じさせない演奏も。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人でピアノ

1932(昭和7)年竣工の 同志社女子大学栄光館 ファウラー講堂で、 「社会福祉法人 京都いのちの電話2005 チャリティーコンサート」が ありました。出演は 田代晶子・西谷玲子の 姉妹ピアノデュオです。 西谷さんとは20年以上 前からのお知り合い。 ご本人もお姉様も ウィーンに留学された 才色兼備のピアニ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

HOSANNA Chorus

ホザナコーラス。 同志社中学高校の 混声合唱団の 名前です。 部員不足で しばらく途絶えていた 定期演奏会が 「復活」第五十回 として開催されました。 普段は中学・高校の 聖歌隊として、毎朝の 礼拝時に賛美歌を歌っている 彼ら彼女らですが、この日の為に 合宿をしたり、一所懸命に 練習を積んで臨んだようで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

BBA

久し振りに ワインドリバースの ライブを聴きに 行ってきました。 終演後すこし 休憩してから、 サックスの お弟子さん達が メンバーに混じって 演奏させて もらっていました。 ドキドキがこちらまで 伝わって来るようでしたが、 私もお稽古をしている身として 気持ちがよくわかります。 いつもより余計に拍手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェ アンデパンダン

ジェロニモ・ レーベルの ライブが、 「カフェ アンデ パンダン」で ありました。 私は先日来の 体調不良と 急ぎの仕事の為、 家内が一人で 行ってきました。 写真も彼女の 撮影です。 場所は、三条御幸町 (さんじょうごこまち)の角。 旧大毎ビル(大阪毎日新聞 京都支局)の地下です。 床のタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素晴らしき音楽仲間 放映

NHK・BS2で BREEZEの 歌声が流れました。 テレビ出演は 初めてでは ありませんが、 なんだか 感慨深かったです。 Sop.コスゲも ライブを重ねて 歌に深みが増し、 風格が感じられる ようになりました。 出演者の顔ぶれも すごかったですね。 由紀さおり・安田祥子姉妹に 小林旭! 「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more