テーマ:野鳥

上野の山

上野動物園のスマトラトラです。 今日は負けてしまいましたが、 それでも開幕から9勝3敗。 4カード勝ち越しの好発進。 西のトラも元気です。 一昨日の東京行きは連れ合いも一緒でした。 能の会は夕刻からでしたので、それまで 上野界隈を逍遥。まずは西郷さんにご挨拶 してから東叡山寛永寺の清水堂をお参り。 枝垂桜が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

白鳥の湖

カイツブリという水鳥の別名は「鳰(にお)」。 「鳰海(におのうみ)」の異称を持つ 琵琶湖はまた「白鳥の湖」でもありました。 野鳥観察熱の俄かに高まった我家。 ついに琵琶湖一周探鳥ツアーを挙行。 太陽光線の向きを考慮して午前中は まず東岸の「湖北町水鳥公園 湖北 野鳥センター」へ。センターの前には なんと200羽ほ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

黒白(こくびゃく)の争い

散歩がてら、このところ 俄かバードウオッチャーと なっております。 春めいてきた陽光の中に立つ 小鷺です。 今朝はよく冷え込んで久し振りに 霜と氷の世界でした。 でも陽が当たるとみるみる 融けて露の玉となりました。 青鷺です。個体識別までは出来ませんが、 たぶんいつもこの辺にいる鳥でしょう。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

恋の季節

姿の美しい翡翠は声も美しい。 今朝は一段と高らかに鳴いているので 見ると、二羽が呼び交わしておりました。 散歩の途中で通り掛る駐車場。 そのテントの下には雉鳩のカップルが。 こちらはすでに巣作りが始まっております。 分からない写真で申し訳ありません。 巣の中に雌(たぶん)が籠もっています。 画面右上の丸い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春来るらし

穏やかな一日。 山茶花も朝日に映えて。 日の出が急に早くなったような 気になります。 音羽山も薄霞。 水仙を見ると背筋を伸ばさなくては と思います。 いい香りです。 鳥達も囀りを始めて喧しいほどです。 真鴨・軽鴨・緋鳥鴨・小鷺・中鷺・青鷺・ 白鶺鴒・背黒鶺鴒・黄鶺鴒・椋鳥・鵯・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半世紀近く人間をやっていますと、 時々不思議な事に遭遇します。 今朝ふとんから抜け出しますと、 床に一羽の雀が蹲っておりました。 ?! 弱っていてあまり動きません。 寒いのか、空腹なのか、怪我を しているのか。どうしてこんな所に いるのか。いつどうやって入って きたのか…。色々と聞いてみたいのですが、 鳥語が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日はことさら長閑にて

今朝も快晴。 一段と光溢れて春めきました。 数日前の雪景色が嘘のよう。 梅もいよいよ盛んに。 佳い香りがします。 翡翠(カワセミ)も陽光に映えて とても綺麗でした。 AMラヂヲからは、ユーミンの「春よ、こい」、 キャンディーズの「春一番」が流れてくる ようになり、春近しを感じます。 とはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横雲

久し振りに朝から好いお天気。『夕顔』の 「明けわたる横雲の 迷もなしや」という 詞章さながらの光景でした。 しばらくしますと、 「横雲の風にわかるるしののめに  山とびこゆる初雁の声」 (西行) という風情。 残念ながら旧安祥寺川に雁は居ませんが、 鴨が居ます。青首が陽光に映えて 美しいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷺とり

このところ、お散歩ブログの態を成して おりまして恐縮ですが、今日も散歩話です。 風も無く良いお天気。ということで冷え込んで おりました。水溜りには薄氷。先日の雪で 湿度が高くなったのでしょうか、山は薄霞。 ドライアイスの煙が山科盆地に溜まった ような状態でありました。 歩いているうち気温も上ってきましたので、 足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花梗の会 第八回

雪ニモ負ケズ 風邪ニモ負ケズ 眠タサヤ 二日酔ニモマケズ 今朝も散歩に出掛ける。 昨日の雪がシャーベット状に凍って いるのをジャリジャリと踏み締めながら。 翡翠(カワセミ)は雪にも似合う。 雪の上にも梅花の候よ。 犬の足跡。裸足で冷たくないのだろうか。 朝は雪国でしたが、日が昇るにつれ 気温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽光燦燦

今回は鴨川の風景です。 一昨日、「新年会其の二」の折に撮りました。 五条大橋から南を見ています。画面の上方、手前に 正面大橋、奥に七条大橋が重なって見えて います。 画面の中央付近に鷺がシルエットで写って いますが、分かりますでしょうか。下の写真は 橋の近くにいた別の鳥です。 白鷺ですが、少し体格が大きい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

水辺の鳥たち

今朝は放射冷却現象でずいぶんと 冷えましたが、昼間は良いお天気で 暖かくなりました。旧安祥寺川には マガモ(真鴨)が泳いでいました。 草陰に身をひそませてアオサギ(青鷺)が 水中の小魚を狙っていました。 “清流の宝石”カワセミ(翡翠)もいました。 ご覧の通りの無粋な川なのですが(笑)、 カワセミが住ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガモ(小鴨)

旧安祥寺川に見馴れない鴨の姿が ありました。撮って帰って調べてみますと コガモ(小鴨)のようです。 光学3倍のコンパクトカメラでは この写真が精一杯ですね。 ご覧になりにくくてすみません。 茶色の頭部の両側が帯状に暗緑色を 呈しており、ちょっと覆面レスラーのようです。 マガモ(真鴨)は時折見掛けますが、 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逍遥

日の暮れるのが早くなりました。 年賀状印刷の広告を見るにつけても 気ぜわしいことです。 夏のイメージが強い朝顔ですが、 季語では秋のものだそうです。 近頃は夏にしましょうという意見も あるようで、もっともとも思いますが、 私は初秋の朝顔というのが しっくりくるように感じます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひなたぼっこ その2

夜中はねのけた 布団を、明け方に 引き被るような日が 続きます。そして、 昼間はけっこう 気温が上がります。 でも北風が吹いたり もします…。 暑いのか寒いのか よく分かりません。 着る物も迷いますね。 毎度おなじみ、 旧安祥寺川にできた 中州で、鴨たちが ひなたぼっこしてました。 お日さんに当たって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワセミ(翡翠)

先日、散歩 (お稽古以外で 唯一の運動) コースの 旧安祥寺川で 撮影しました。 対岸に居たのを コンパクトカメラで 写しましたので あまりさだかな 映像でなく、 申し訳ありません。 コンクリート三面張りの用水路の ような川ですが、源に近いせいか、 生き物が多そうです。陽射しの 強い時など、小魚の群が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青鷺

アオサギ。 大型の鷺です。 このところ 旧安祥寺川に 出没するように なりました。 花の季節が過ぎて 動物達の動きが 盛んになって きたようです。 川には小魚が多いらしく、 他にも五位鷺(ゴイサギ)や 小鷺(コサギ)の姿が 見られます。 最近、申し訳程度 両岸に石を積んで 水棲生物に配慮する…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

カエル

近所の田圃から 夜になると 蛙の声が聞こえます。 ウチの玄関先に 住みついている カエルの後ろ姿を 撮ってみました。 ピンボケが残念ですが、 この後すぐに逃げて しまいましたので…。 昼間、ホトトギスの声を聞きました。 人間の勝手な思い込みでは ありましょうが、何か切迫した 切実な感じがしてドキッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日もいい天気

昨日、日脚が長いことを 話題にしましたが、 今日ラヂオの天気予報で、 日没が7時を過ぎるようになって いますと話していました。 陽射しは強烈ですが 今日も乾いた涼しい風が吹く、 爽やかな一日でした。 写真は椋鳥(ムクドリ)です。 集団で行動することの多い種類ですが、 一羽だけで畑を歩いていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北帰行は?

日曜日からずっと好いお天気で、 日差しは強く、日向は暑いのですが、 室内や朝夕はひんやりとして、 肌寒さを感じるほどです。 日中も乾いた冷たい風が強く 吹くので、まるで秋のようです。 空も澄んで、高く感じられます。 あまりの涼しさに、北へ帰るタイミングを 逸したのでしょうか。 近くの川で真鴨が泳いでいました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

揚雲雀

「おおひばり高くまた かろく何をかうたう・・・」 メンデルスゾーンの曲に 高野辰之が詩をつけた「おおひばり」は 合唱をされた方にはお馴染みかもしれませんね。 今朝お墓参りに行ってきました。 場所は京都市の南部で、かつては 田園風景が広がっていましたが、 近年急速に宅地化が進んでいます。 お墓の敷地は正方形なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more