テーマ:

姨捨

新穂高ロープウエイを後に、昨日来た 国道185号線を逆戻り。途中、「猪丼」や 「熊丼」など珍しいお品書きのあるお店で、 おとなしく「山菜そば」などを食べたりしつつ、 松本へ向けて東へ東へ。 長野自動車道の松本インターから 安曇野市明科へ向けて北へ北へ。 時間があるということで、最寄の 豊科インターでは降りず、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新穂高ロープウエイ

宿から車で10分足らずの距離で 新穂高ロープウエイの新穂高温泉駅 (標高1117m)に到着。 2本のロープウエイを乗り継いで 西穂高口駅(標高2156m) まで上がってきました。 二つ目のゴンドラは珍しい二階建て。 あっと言う間に天上の世界へ 運んでくれました。 西穂高口駅の屋上展望台からの眺めです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奥飛騨慕情

初日のお宿は奥飛騨温泉郷は 新穂高温泉の「宝岳館」さんでした。 知人の運転する車に乗せてもらい、 名神・東名・中央・長野と自動車道を 乗り継いで一旦信州松本へ行き、 国道185号線を西へ西へ。 安房峠の下をくぐり、(長大な安房トンネル が出来ていてビックリしました。) 奥飛騨へ。京都を昼過ぎに出発して、 まだ明…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春の忘れ物

その昔は「親の意見と冷や酒は 後になって効いてくる」てな ことを言うたんやそうです。 「夜行バス」も後で効いてきます。 やっぱり疲れますね。後に引きます。 横になれませんし、手足延ばせませんし、 600Kmを八時間かけて揺られ続ける わけですから、眠れているようでも 浅いんでしょうね。帰って直後は それ程にも感じま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

近藤乾之助 試演会

紀尾井坂の辺りをうろうろしている うちに雨が降ってきました。 地下鉄で後楽園へ。今回の 主たる目的である「近藤乾之助 試演会」に行って参りました。 会場は水道橋の宝生能楽堂。 後楽園益から東京ドームの縁(へり)を 周って歩いていきました。 お邪魔するのは今回が三回目。 能楽堂はビルの中なのですが、 とても静か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手打ちそば 「永山(えいざん)」さん

大丸で「パウル・クレー展」を観た後、 地下鉄を乗り継いで赤坂見附へ。 お蕎麦の店「永山」http://www.eizan.jp/へ 行ってきました。昨年そば猪口などの器を 納めさせて頂きましたので、折角の 機会ですのでご挨拶をしてお蕎麦を 頂戴しようという訳です。 東急プラザ二階。お店の窓から 赤坂見附の交差点が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして東京

「間も無く終点、東京駅八重洲口です。」 のアナウンスで目を覚ましました。 その間、意識が断絶しており、時間の 経過もあまり感じておりません。 「どこでもドア」で移動したらきっと こんな感じなのだろうと思います。 午前六時半頃、明るくなり始めた 東京に着きました。 以前は早朝の使用ができなかった 公衆トイレが使えるよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京へ

ライブ終了後、京都駅へ移動。 お店の定休日とあって応援に 駆けつけてくださった上燗やの マスターと連れ合いと三人で 打ち上げ第一弾。 ビアレストランで四時半頃から 六時半くらいまでウダウダと 過ごしました。 なぜに京都駅かと申しますと、 夜の十時四十分発の夜行バス 「青春ドリーム東京号」に乗り ますので、それま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋は今日も雨だった

昨年3月11日に「ワインドリバース」の ライブを聴きに行って以来、久々に 名古屋へ行ってきました。その時も 雨でしたが、今日も雨でした。 前にも書きましたように、4月25日から 5月1日まで、三越名古屋栄店6階の 美術サロンというところで個展を させて頂くことになりましたので、 会場の下見を兼ねて、担当の方に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美馬能

徳島県美馬市 美馬町の安楽寺。 毎年秋に開催 されている 「美馬能」に 行ってきました。 徳島市から西へ 自動車道を使って 30分ほどのところに ある、浄土真宗 西本願寺派の お寺さんですが、 庫裏の玄関がなんと 能舞台になります。 大寺の庫裏の玄関というのは、 とても大きくて、ウチの延べ床面積 よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現実逃避

一度楽しい事が あると、なかなか 目の前の現実と 向き合えなく なってしまいます。 Tシャツを汗で しとどに濡らし ながらの仕事の 合間。思い出すのは 信州のことばかり。 挙句、連れ合いには 「今、また信州へ行きたいて 思てたでしょ。」と看破 される始末…。 というわけで、写真は 高ボッチ高原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また行きたい

信州はわずかな 滞在でしたが、 蒸し暑い京都に 戻ってみると ひとしお恋しく 思われます。 写真は「碌山 美術館」での ひとコマ。 緑が少し色褪せて 写っていますが、 陽の光を透かして、 本当はもっとずっと 美しかったです。 信州は時間も空間も ゆったりしています。 また行きたいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碌山美術館

JR大糸線「穂高」 駅のすぐ近くにある 教会風の建物。 彫刻家「萩原 守衛(碌山)」の 作品が展示 されている、 小さくて素晴らしい 美術館です。 学生時代に何度か 足を運び、 作品の美しさ、 建物のたたずまいの 静けさに感銘をうけました。 物造りの仕事をすることに なった機縁のひとつが 間違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明科薪能

町制施行50周年 記念にして、 町主催としては 最後となる、 「第15回水郷 明科薪能」を 拝見してきました。 明科町は10月1日、 町村合併により 安曇野市と なるそうです。 犀川の土手が鏡板代わり。 視線を上げると北アルプスの 雄大な山容が望める、 素晴らしいロケーションに 能舞台が特設されていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明科へ

今日は午後から 長野県明科町へ 参ります。明日、 「明科薪能」が ございまして、 私の先生も出演 されますので、 それにお供しよう という算段です。 帰りは明後日、 21日ですので、 本日の分も含めて それから更新させて 頂きます。予め ご了承くださいませ。 しばし蒸し暑い京都を離脱、 といきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眉山(びざん)

今日は一日中 家でゴロゴロ していました。 久し振りに な~んにも 無い日。 ということで、 先日お邪魔した 徳島のお話の 続きです。 写真は眉山。 徳島のシンボルと いうか、ランドマークの ような存在でしょうか。 稜線がなだらかな曲線を描く 小高い山です。どこから見ても 眉の形に見えるので、そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

阿波踊り

徳島市へ 阿波踊りの 前夜祭を 見てきました。 12日からの 本踊りは 町中を流して 踊りますが、 前日にホールで 公演があります。 ショーとして 構成されていて、 有名連が競演します。 ホールでの試演とはいえ、 阿波踊りを生で見るのは 初めてでしたが、すごい 迫力で感激でした。 本場の本物は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more