テーマ:

外苑

JR千駄ヶ谷駅のすぐ前、東京体育館です。 自動車のCMのような写真が撮れました。 その隣、国立競技場。時代の空気を映した 高揚感溢れるデザイン。優れた建築だと思いました。 1964(昭和39)年に開催された 「第十八回 オリンピック競技大会 優勝者」の 名前が英語と日本語で刻まれています。 私にとってオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州行脚 二日目

長峰荘を発って、中仙道は奈良井の宿を 見物に行きました。JR中央本線 奈良井駅に立つ懐かしいポストです。 現役のようです。 駅の入り口です。 寅さんが出てきそう。 駅舎全景。木曽路はみんな山の中。 街道の両側に山がせまっています。 立派な構えの造り酒屋さん。 創業寛政五年!西暦ですと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州行脚 一日目

名神・中央・長野自動車道を通って 信州明科へ向かいました。 途中から見た伊吹山です。 岡谷I.C.で下りて高ボッチ高原へ。 標高1,600mを超えるところまで 自動車で上れます。 下界では考えられない涼しさでした。 寒いぐらい。薄がすでに穂を出していました。 駐車場から少し歩いて山頂へ。 眼下に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨコハマ ベイ ブルース

横浜中華街にある「関帝廟(かんていびょう)」。 三国志の英雄「関羽」が神様となって 信仰を集めているそうです。 中華街のすぐ近く「横浜スタジアム」。 横浜VS阪神のディゲーム。 ベイスターズのマスコット 「ホッシーゾ」くん。 これは誰? 大阪の毎日放送のマスコットキャラ 「らいよんチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

阿波徳島

徳島市。観光バスでの移動だったり、 美馬市への行く途中に通過するだけ でしたので、一度ゆっくりと歩き回りました。 映画のタイトルにもなった眉山(びざん)です。 秀美な姿で、格好のランドマークにも なることを今回認識しました。 民家の庭に立派な藤の花。 徳島といえば、なんといっても阿波踊り。 橋の欄干に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOKYO弾丸ツアーVol,2

台風第9号フィートウが首都圏を直撃。 辛くも難を逃れたるものかな。 東京ツアーレポートの続きです。 国立能楽堂を後に、まず六本木の サントリー美術館で開催中の 開館記念特別展「BIOMBO(ビオンボ)/ 屏風 日本の美」を観覧しました。 内容も素晴らしかったですが、 サントリー美術館の内装デザインも とても素敵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOKYO弾丸ツアー Vol,1

夜行バスで早朝に新宿着。 朝のゴールデン街を散策して銀座に移動。 「ワコール銀座アートスペース」で開催中の 「グループももけ 第3回 グループ展」に参上。 京都造形大学 通信教育部 染織コースの 卒業生9名によるグループ展です。 銀座初登場、おめでとうございました。 台風接近中の荒れ模様の天候の下、 千駄ヶ谷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「姨捨」駅

信州ツアー前半ご一緒の方達と別れ、 昨夕から参加の連れ合いを伴い、 再び長野善光寺さんへ向いました。 今日はJR線で明科から長野へ移動 しました。急勾配の途中にある 「姨捨」駅はスイッチバック式でした。 平坦な引込み線にホームが作られて います。単線で通過待ちの時間が ありましたので、お客さんが外に出て 記念撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

維茂少しも騒がずして

朝食後、出発の前にお宿の前の 宝光社へ参拝。気の遠くなるような 石段でした。 社殿は戸隠神社で現存する内の、 最も古いものだそうです。 鬼無里(きなさ)村を通って長野市へ。 途中の展望台からの眺めです。 戸隠一帯は、天岩戸伝説と共に、 鬼女伝説でも有名です。 伝承を題材にした謡曲『紅葉狩』の 舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸隠

毎年の恒例になってきました 夏の信州ツアー。 今年は戸隠からスタートです。 上の写真は戸隠神社の奥社から見た 戸隠山の稜線です。駐車場から奥社 までは2kmの道程。その参道には 下の写真のように樹齢400年という 杉並木が続いています。巨大です。 参道に接して森林植物園が整備されており、 周遊できます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第29回 近藤乾之助試演会

宝生流の近藤乾之助師が主催される 年に一度の会に今回も伺うことが出来ました。 高円寺から水道橋へ。東京ドームへ向かう人の 流れから離れて、宝生能楽堂へ向かいました。 今回は「素謡と舞の会」でした。  舞囃子『昭君』 近藤乾之助  素謡『唐船』 當山孝道  狂言小舞『通円』 野村万作  仕舞『屋島』…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ズッパイングレーゼ

上野を後に高円寺へ。「トラットリア ボッカ・ルーポ」で 遅めのランチをいただきました。 パスタと主菜を選べるセットを注文したのですが、 お腹が空いていたので食べるのに夢中に なってしまい、写真を撮り忘れてしまいました…。 前菜の盛り合わせ。 蛸のペンネ。(トマトソース) 鯛のポアレ。油を回しかけながら丁寧に焼い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「受胎告知」

上野の東京国立博物館で 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」 を 観てきました。 雨天の平日にもかかわらず大変な人出です。 それでも開門の1時間半前から並びましたので、 一番乗りを果たすことができました。 お目当ての「受胎告知」は本館中央の一室に ただ一点だけ展示されていまして、その部屋に 入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOKAN

「中日」と書いてなんと読む。 「ちゅうにち」なら野球ファン? 「なかび」なら演劇ファンか相撲ファン? ともかくも昨日はお彼岸の中日。 お彼岸といえば難波の四天王寺さん。 参詣してまいりました。 まずは北浜のケーキ屋さん「GOKAN(五感)」で腹ごしらえ。 本館は皇居二重橋や奈良ホテル等を設計した 河合浩蔵氏の設計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尼崎から伊丹へ

津ノ国ツアー、続きます。(2月3日の出来事です。) 阪神電車尼崎の駅の近くから伊丹へ向かうべく、 JR尼崎駅へ徒歩で移動しました。途中の 旧左門殿川にユリカモメが沢山いました。 私が写真を撮ろうと立ち止まると、近くまで 寄って来ました。餌をもらえると思ったようです。 地元の方が普段からお世話されているのでしょうね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尼崎商店街

津ノ国ツアーの続編です。「大覚寺狂言」の 大覚寺さんを後に、プロ野球セ・リーグのマジックを 日本一早く打つことで有名な尼崎商店街に行ってきました。 アーケードの中に、ありましたありました。 近年テレビでよく見るようになったマジック・ボード。 セ・リーグの開幕日にマジックが出るんです。 ペナントレースの試合数だそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大覚寺狂言

2月3日の津ノ国尼崎ツアー、続編です。 尼信博物館のすぐ近くに寺町がありました。 節分のこととて露店が出て賑やかなので フラフラと寄っていきました。中で律宗の 大覚寺さんというお寺が一番賑やかでしたので 山門を潜ってみますと、なんと立派な能舞台が 出現。何やら始まりそうなので足を留めました。 揚げ幕が鏡板と並んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能楽資料館名品撰展と丹波古陶館

丹波篠山、能楽資料館の名品撰展と お隣の丹波古陶館を見学してきました。 能楽資料館には先年急逝された中西通氏が 一代で集められたコレクションが展示されています。 能面が主ですが、その質の高さは全国的に 知られているそうです。演能のために貸し出しを 希望される方も多いと伺います。 中で一番心動かされたのは、パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボッカ・ルーポ」アゲイン

お江戸紀行の続きです。 「宝生能 別会」終演後、この春に初めて お邪魔した高円寺のトラットリア 「ボッカ・ルーポ」さんで食事しました。 宝生能楽堂とボッカ・ルーポは新宿をはさんで JR中央線で結ばれていますのでたいへん 助かります。便利ですね。 上の写真は前菜の盛り合わせ。 サザエをエスカルゴ風にしたものがと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神田明神

東京の宝生能楽堂はJR水道橋駅の近くです。 宝生別会を拝見する前に隣の御茶ノ水駅まで 足を延ばし、神田明神に参拝してきました。 例によって夜行バス(今回は「青春」のつかない 3列シート)で行きましたので、朝早くから 開いているのが神社仏閣に限られているという 事情もあますが、前から是非一度訪れて みたいと思っており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いま、ふたたびの奈良。

昨日の奈良物語の続きです。 4日連続でタイトルは人様のものを 拝借致しております。JR東海のサイトは 美しいですね。関西では見られないテレビCMも インターネットなら見られるので嬉しいです。 手打ち蕎麦「吉川」さんの天ざるで、お腹も心も 満たされたあと、すぐ近くの五風舎さんへ。 3日に続きふたたびの訪問です。染織の…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

いま、奈良にいます。

一昨日、前まで行きながら2時間待ちの 行列のため入館を断念した「正倉院展」。 リベンジを果たしました。 8時30分頃に到着するも、すでに長蛇の列! 新館の軒下で一往復半した後、建物の外へ。 春日大社の参道の方へ列がグングン延びていきます。 なんとか建物の近くで並ぶことができました。 15分ぐらい経ったところで急に列…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あなたとなら大和路

奈良紀行の続きです。 興福寺を後に、奈良公園の雑踏を横目に 五風舎さんへ「奈良の作家による工芸展」を 拝見に行きました。 その前にこちらも行列必至のお蕎麦屋、「吉川」さんへ 開店前から待とうと思って行ったところが何と臨時休業の 張り紙…。「え」に濁点を打った衝撃を受けると同時に 正倉院展とセットで出直す決意を固めました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奈良にはふるき仏たち

3連休の初日。奈良興福寺の 「国宝特別公開2006」へ行ってきました。 実は「正倉院展」が第一目的で、9時の開館に 間に合わせるべく未明から起きて出掛けました。 車は問題なく駐められたのですが、会場に 向かう途中、大仏殿の辺りの風景に心惹かれて 写真を撮っているうちに時間が超過。 それでも9時15分頃に国立博物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美馬能

徳島県美馬市で恒例の美馬能を 今年も拝見することができました。 明科町が安曇野市になったのと同じく、 美馬町も近隣と合併して美馬市に なっていました。 今年の番組は  能『鉄輪』  舞囃子『葛城 大和舞』  仕舞『源氏供養』     『船弁慶キリ』               でした。 会場は浄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風吹けば

沖つ白波龍田山 小笠原諸島を襲った台風14号の影響か、いつもは静かな伊勢の海にも浪が立っていました。 連れ合いの実家から歩いて2・3分で小さな漁港にでます。防波堤の上で数人の釣人が糸を垂れていました。 「♪潮風に吹かれると思いだす あなたのこと」(南沙織:「潮騒のメロディ」)なんどを口ずさみつつ海原を眺めていると、心持…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

藪入り

このところパソコンの不調もあって更新が滞っております。申し訳ございません。 昨夜から連れ合いの実家に来ています。実家はお寺。写真はその本堂の大屋根です。ケイタイ(いたって旧式)のカメラなので画質が悪くてすみません。 海がすぐ近くに。伊勢志摩国立公園の端っこの方ですので、風光明媚です。山城国に生まれ育った私には、何度訪れても…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山の写真拾遺

前回掲載できなかった雲上の景観を いま少し。上の写真は新穂高ロープウエイの 車窓から見た笠ヶ岳方面です。 同じく、手前が活火山の焼岳。 遠くの稜線は乗鞍岳です。 以上は展望台からの眺めです。 それにしても、お天気に恵まれました、 ん~、また行きたいですねえ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長峰荘

昨夜の泊まりは安曇野市営の「長峰荘」さん。 明科町時代からご出演の先生方の定宿です。 小生は2年連続3回目の参加ですが、 毎回一緒に宿泊させていただいています。 大広間で先生方と、食事やお酒を楽しみつつ 芸談を拝聴できるのも、この旅の醍醐味 であります。 今回の公演は特に熱が入ったようで、 終演時間が予定の8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州安曇野 薪能

明科町から安曇野市に移行して 初めての薪能。いつに変わらぬ 大勢のお客様で見所は一杯でした。 番組等は先日の記事をご参照くださいませ。 どれも密度の高い素晴らしい舞台でした。 薪能は演能上、かならずしも条件が良い とは言えませんが、それを感じませんでした。 『石橋』で四人(匹?)の獅子が二台の 一畳台に並んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more